2019/3/8(金)

因州和紙でカキツバタ、天然記念物の群生再現

 国の天然記念物などに指定されている鳥取県岩美町のカキツバタ群落を因州和紙で再現したジオラマが、同町役場で展示されている。18日まで。
 カキツバタは町の花に指定されており、「町の観光資源“カキツバタ”の魅力を伝えよう!」と題したプロジェクトで、岩美高生を中心に中学生、町民が参加してジオラマを作った。因州和紙で手作りしたカキツバタ200本を、縦1メートル82センチ、横91センチの台に配置。背景には、県の自然環境保全地域に指定されている「牧谷群落」の景色をちぎり絵で描いた。
 同町内では「牧谷」と天然記念物の「唐川湿原」の2カ所でカキツバタが群生。毎年5~6月に紫色などの花を咲かせ、観光客を楽しませている。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop