伝統工芸 青山スクエア

2019/5/13(月)

万葉テーマ 博多人形30点 改元記念、はかた工芸館で展示

新元号「令和」を記念し出典元の万葉集をテーマとした博多人形展「博多人形師川崎幸子・修一~万葉集の世界~」が、福岡市博多区上川端町のはかた伝統工芸館で開かれている。無料。21日まで(水曜休館)。

川崎幸子さん、修一さん姉弟はいずれも伝統工芸士。古代日本をテーマにした作品を多く手掛け、内閣総理大臣賞など受賞歴多数。幸子さんは「現代の名工」にも選ばれている。

会場には、しゃがみ込んで草笛を吹く防人(さきもり)がモデルの「望郷 防人の歌」(修一さん作)や、プロポーズする古代の男女をロマンチックに描いた「足結(あゆい)の鈴」(幸子さん作)など、万葉ゆかりの人形約30点が手書きの万葉歌とともに並ぶ。

幸子さんは「新元号を聞き、万葉集を勉強して良かったと思った。これをきっかけに多くの人に博多人形について知ってもらえたら」と話す。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop