伝統工芸 青山スクエア

2019/5/23(木)

ものづくり福井PRアイドル 今秋デビューへメンバー応募受付

 越前和紙や越前焼など県内の伝統工芸を応援するアイドルグループを結成しようというプロジェクトが、吉本興業のサポートでスタートした。イベントやライブへの出演などを通して、福井のものづくりをアピールする。今秋の結成を目指し、第1期メンバーオーディションの応募を31日まで受け付けている。

 「福井の伝統工芸を応援PRするアイドル」と「プロデュースできるアイドル」の二本柱で、アイデアや企画、目標などをファンと一緒に決め、喜びを分かち合う体験を提供することも目指す。

 応募条件は十八~二十五歳の未婚の女性で、他のプロダクションと所属契約をしていない人。未成年者は親権者の承諾が必要。

 福井への思いや志望動機などの自己PR、写真などによる一次審査を行い、六月九日に歌唱やダンスのチェック、伝統工芸をPRするコンセプトについての考えや思いを聞く二次審査を実施する。秋にオリジナル曲を披露する初ステージを予定している。応募はホームページ(「伝統工芸アイドル」で検索)から。

 プロジェクトは、「福井県すみます芸人」のマネジメントを手掛けるよしもとクリエィテイブ・エージェンシー福井エリアプロデューサーでウインドシンセサイザー奏者の大西泰敬さんと、福井市宣伝隊長「朝倉ゆめまる」の公式応援ソングなどを手掛けた川縁清志さん(社会貢献型音楽レーベル合同会社Big Bear Rich Records代表)が立ち上げた。

 川縁さんの会社が運営し、吉本興業がアドバイザーとしてサポートする。大西さんは「福井県の伝統工芸とエンターテインメントが、ともに活性化するようなオンリーワンのプロジェクトにしていきたい」と意気込んでいる。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop