2019/6/27(木)

伝統工芸導入 国内外の宿泊客にPR 特注の調度品や制服、県が開発費補助

輪島塗や九谷焼、山中漆器といった県の伝統工芸品をPRしようと、ホテルに伝統産業事業者がオーダーメードで作った調度品などを導入する試みが進められている。急増する国内外からの観光客が宿泊するホテルや旅館を「発信拠点」と捉え、実際に触れてもらうことで使いやすさや高いデザイン性などをアピール。ホテル側も上質な空間を演出することで他施設との差別化を図る狙いがある。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop