• Home
  • 伝統工芸ニュース
  • 国際的芸術家テオ・ヤンセンと越前和紙が世界初のコラボレーション――テオ・ヤンセン展 in ふくい
2019/8/22(木)

国際的芸術家テオ・ヤンセンと越前和紙が世界初のコラボレーション――テオ・ヤンセン展 in ふくい

越前和紙や越前漆器、越前打刃物など7つの伝統的工芸品がある福井県。それらの魅力を国内外に発信する、「テオ・ヤンセン展inふくい」と「クラフトエキシビジョン」が、サンドーム福井で開催される。

「テオ・ヤンセン展inふくい」では、現代のレオナルド・ダヴィンチと言われる、オランダの芸術家テオ・ヤンセン氏と越前和紙による世界初のコラボレーション作品を初披露する。

動く姿はYouTubeで!
北陸工芸サミット/INTERNATIONAL HOKURIKU KOGEI SUMMIT

17世紀のオランダの画家レンブラントの版画作品に越前和紙が使用された可能性が高いことから、今回のコラボレーションが実現した。

越前和紙で作られた羽が風を受けて動き出す、不思議な作品(ストランドビースト)がオランダからやってくる。展示会場では、作品に実際に触って動かせる体験コーナーもある。

テオ・ヤンセン展 in ふくい
<開催日>       2019年9月21日~10月27日
<開催場所>    福井県越前市・サンドーム福井(北陸本線鯖江駅下車)
<問い合わせ> 国際工芸サミットプロジェクトチーム ☎0776-20-0377
URL:http://www.sankan.jp/sundome/
URL:http://www.sankan.jp/fmc/未分類/テオ・ヤンセン展-in-ふくい-craft-exhibition/

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop