• Home
  • 伝統工芸ニュース
  • クラブ担当イチオシのグッズ紹介[秋田ノーザンハピネッツ編]秋田杉を使った伝統工芸品『大館曲げわっぱお弁当箱』
2020/4/28(水)

クラブ担当イチオシのグッズ紹介[秋田ノーザンハピネッツ編]秋田杉を使った伝統工芸品『大館曲げわっぱお弁当箱』

新型コロナウイルスの影響によりBリーグの2019-20シーズンは中止となった。シーズン終盤戦に入り、ポストシーズンに向かって盛り上がりが過熱していくタイミングで試合がなくなったことで、選手はもちろんファンももどかしい日々を過ごしていることだろう。ファンがチームを支える方法が少なくなっている中、グッズ購入は『普段からクラブを感じる』意味でもお金の面でも一つの大きな選択肢となる。そこで各クラブのグッズ担当に協力を仰ぎ、チームの売れ筋&オススメグッズを紹介する。

秋田ノーザンハピネッツでグッズ担当をしているのは、前職でもグッズの企画・制作をしていたという入社3年目の幕沢孝徳さん。「ブースターさんがクレイジーピンクと言われているように、グッズもクレイジーなモノを攻めて行こうと心掛けています!」という幕沢さんに話を聞いた。

秋田ノーザンハピネッツ

大館曲げわっぱ「お弁当箱」各種

https://www.bleague-shop.jp/an/item/detail/1_4_4580552433991_1/001

幕沢さんの一押しグッズが、日本三大美林の一つとされる秋田杉を使った『大館曲げわっぱ弁当箱』(¥15,000~)だ。

『大館曲げわっぱ』は、国の指定を受けている伝統的工芸品だという。幕沢さんはこのグッズを制作した理由を「県内の方はもちろん、県外の方にも秋田の伝統品の良さをあらためて伝えたい、秋田を盛り上げたいという思いがあって制作しました」と話す。

「曲げわっぱのお弁当箱はいろいろありますが、お手頃な価格のものは外国産の杉を使っている商品がほとんどです。ただ『大館曲げわっぱ』は、秋田杉だけを使って、秋田県の大館市で作られた『MADE in AKITA』になります。丁寧に使えば30年ぐらいは使えるので、お値段以上の価値があると思います」

また今は新型コロナウイルスの影響により外出を控えている人も多いが、「杉の香りもすごく良いですし、器が良いとご飯も美味しくなるので、あきたこまちを入れてぜひお使いください(笑)」と、日常の食事を彩る新たなアイテムとしてもオススメだ。

秋田ノーザンハピネッツ

身長1/10サイズ定規

https://www.bleague-shop.jp/an/item/detail/1_4_4580552431850_1/100

秋田の人気No.1グッズが『身長1/10サイズ定規』(¥1,500)だ。今まではタオルやTシャツ、メガホンなどの応援グッズが多く、定番以外の変わり種の商品はあまりなかったという。

このグッズは、選手の実身長の1/10サイズのアクリル製定規で、一番大きな定規はカディーム・コールビーの20.6cmだ。幕沢さんは「長さもですが、選手が腕を組んでいるから幅もすごいんですよ。なのでペンケースには入らないし、定規としては使いにくいですが、そこが結構お客さんにもウケていました。会場でも皆さん笑いながら手に取ってくれていましたね(笑)」と話す。

「お客さんの中には全選手の定規を買ってくれる方もいました。並べると選手のサイズを比較できるので面白いと思いますよ。ご自宅とかオフィスのデスクに置いている方もいるみたいで、仕事の合間の癒しとしても使えます(笑)。仕事も勉強もずっと集中していると疲れてしまうので、たまには息抜きに好きな選手を眺めてみてはいかがでしょうか!?」

シーズンが終了し、今はオンラインショップでのグッズ販売を続けている。その中でも「5,000円以上のご購入で送料無料のサービスをしています。今月からは送料無料プラス非売品ポスターのプレゼントも始めました。選手たちもグッズ告知などにも協力してくれて、街の方からもいろいろと声を掛けてもらっていてありがたいです」と幕沢さんは言う。

最後にグッズ担当者から日頃クラブを応援し支えてくれているファンへのメッセージを聞いた。「グッズを通してハッピーとワクワクをお届けすることをモットーに活動しています。今は暗いニュースが多いですが、グッズの力で少しでも皆さんに明るい気持ちになっていただけたらうれしいです。シーズンは終わってしまいましたが、皆さまに喜んでもらえるようなグッズを考えているので、これからも新商品の発表を楽しみにしていてください!」

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop