「もり~な」がリニュ~アル 道の駅天童温泉、将棋駒制作実演や売店新設

 天童市の道の駅天童温泉にある「森林情報館もり~な天童」が13日、リニューアルオープンした。観光案内所の強化に加え、将棋駒の制作実演コーナーやラ・フランスをPRする売店を新設し、市内観光の新拠点として車で訪れた観光客らを迎え入れる。

 

 新調した木材をふんだんに使って内装を改良。中央に観光案内所と休憩、飲食コーナーを配した。周囲に同時対局数のギネス記録や、将棋漫画「3月のライオン」グッズを展示。将棋駒コーナーでは販売のほか、後継者育成講座の修了生が制作の様子を披露する。農産物加工販売コーナーでは「Tento(テント)―La(ラ) France(フランス) Factory(ファクトリー)」が、ラ・フランスを使ったパフェやパイ、カレーパン、旬の果物を使ったジェラートなどを販売する。

 

 同館は2004年に完成した道の駅・駅舎。森林の情報発信に限られてきたが、本年度に条件緩和にこぎつけた。式典には関係者約40人が出席し、山本信治市長が「伝統工芸を継承する場で、生産量日本一のラ・フランスを発信する場でもある。観光拠点となることを期待したい」とあいさつ。テープカットの後、観光客らが早速、来館して2大特産に触れていた。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop