伝統工芸 青山スクエア

2017.09.14

青山スクエアに書院造ができました

青山スクエアの匠コーナーの一角に、

書院造ができました。

 

 

書院造というのは、茶室の前身となったもので、

平安時代には既にあったことが知られています。

 

ただその頃は、茶を入れる場所と飲む場所が別々だったため、

現在の形になるのはもう少し後の時代になってからです。

 

そして伝統的工芸品を扱う青山スクエアですから、

細部に至るまでこだわりがあります。

 

ピンと張った障子も一級品

何気に貼られているこの和紙は、綺麗に貼るのが難しいとされているもの

砂の壁もとても丁寧に作られています

 

また匠コーナーの一角にあるということもあり、

ここにはその時の匠コーナーの商品が並びます。

 

前回の「〜五明が奏でる「縁付け金箔の世界とミニ体験」〜」の場合だと、

 

 

 

こんな感じです。

 

明日からは、「備前焼天地窯 菅形基道作陶展」が始まりますので、

ここに備前焼が置かれて、また雰囲気が変わるでしょう。

 

この他、青山スクエアは現在お月見モードになっています。

 

障子の後ろにウサギが・・・

裏側はこんな感じ

青山スクエアの入口も、

お月見モードになっています。

 

青山スクエアの外にある展示スペース

入口付近には秋を堪能しているお人形が

秋を感じられる工芸品たちはこの他にもたくさんあります。

 

青山スクエアの近くまで来たら、

是非お立ち寄りください!

totop