伝統的工芸品を探す
TRADITIONAL CRAFTS

羽越しな布Uetsu Shinafu

日本では、遠く縄文や弥生時代から山野に自生する科(しな)、楮(こうぞ)、楡(にれ)、藤(ふじ)、葛(くず)、苧麻(ちょま)などの草木から取り出した繊維で糸を作り、自家用として布に織り上げ衣装や装飾品などに利用してきました。
明治、紡績技術の発展による綿製品の普及から多くの地域で生産されなくなりましたが、当地地域においては長く着流しや農作業等の仕事着として利用されるとともに、漁網、漉し布、敷布や収納袋としても流通していました。 その後の日本経済の発展、生活の近代化からこれらの地域においても急速に需要が減少し、自家用として細々と生産されるに止まっていたものの、昭和の後半からこうした地域の伝統工芸品を核とした地域おこしの運動や素朴な工芸品へのニーズの高まりから生産活動が拡大しつつあります。

In Japan, ever since the Jomon and Yayoi periods, people have made thread from fiber derived from plants and trees that grow naturally in the mountains such as Japanese linden, mulberry, elm, wisteria, kudzu, and ramie, and used this thread to weave fabric and make clothing and ornaments for private home use.
Thanks to developments in spinning technology during the Meiji period, cotton products became more common and many regions ceased producing these traditional textiles, but in this locale, it was still used for casual wear and clothing for doing agricultural work. It was also in circulation as fishing nets, filtering fabric, sheets, and storage bags. Afterwards, the development of Japan's economy and the modernization of lifestyles resulted in a sudden drop in demand, and while it barely remained in production for personal use, but since the late-Showa (1970s-80s) period, there has been an increased use of traditional crafts for regional revitalization activities as well as heightened demand for simple crafts, which has resulted in gradual expansion of production activities.

  • 告示

    技術・技法


    原料のしな皮は、「しな煮」、「しなこき」、「しな漬け」を行うこと。


    しな皮を幅三ミリメートル程度に裂き、撚りをかけながら手作業で糸状に績むこと。


    経糸にあっては五から八回程度、緯糸にあっては二から三回程度糸車を回転させて糸に撚りをかけること。


    織組織は、平織りを基本とすること。

    原材料

    羽越地域の山間部に生育するシナノキ、オオバボダイジュ又はノジリボダイジュの樹皮から取 れる靭皮繊維とすること。

  • ・作業風景

    作業風景

  • ・クローズアップ

    クローズアップ

概要

工芸品名 羽越しな布
よみがな うえつしなふ
工芸品の分類 織物
主な製品 帯、小物
主要製造地域 山形県/鶴岡市 新潟県/岩船郡山北町
指定年月日 平成17年9月22日

連絡先

■産地組合

羽越しな布振興協議会
〒999-7315
山形県鶴岡市関川字向222
関川しな織センター内
TEL:0235-47-2502
FAX:0235-47-2333

http://shinafu.jp/

■関連展示場・施設

特徴

羽越地域の山間部に生育するシナノキ、オオバボダイジュ又はノジリボダイジュの樹皮から取れる靭皮(じんぴ)繊維で糸を作り、布状に織り上げたもの。 日本では、縄文や弥生時代から衣装や装飾品などに利用され、今日、山形県鶴岡市関川地区や新潟県岩船郡山北町において受け継がれています。原料が樹皮の繊維であることから、その風合いは粗々しいものの、ざっくりとした手触りと落ち着きのある風合いに特徴があり、帯地ばかりでなくバッグ、帽子等多くの日用品にも加工されています。

The bast fiber taken from the bark of the Japanese linden, Tilia maximowicziana, and Tilia noziricola grown in the mountainous region of Uetsu is made into threads, and woven into fabric.
It was used for clothing and ornaments since the Jomon and Yayoi periods, and today, the tradition continues in places like the Sekigawa region of Tsuruoka City, Yamagata, and Sampoku-machi, Iwafune-gun, Niigata. Since the raw materials are fiber from tree bark, the texture is rough, yet this rough texture possesses a characteristic stable texture, and it is made into kimono obi, as well as bags, hats, and other daily necessities.

作り方

材料となるシナノキ、オオバボダイジュ又はノジリボダイジュは、シナノキ科シナノキ属の落葉樹。日本海側や東北地方の山野に多く自生し、地方によりマダ、マンダ、モウダ、モアダなどと呼ばれています。 糸はこの樹木の樹皮から取り出した繊維を績(う)み、撚(よ)りをかけたもので、この糸を地機や高機により織り上げたものです。樹皮の繊維なので機械化ができず、未だに手作業に頼らざるを得ません。

The Japanese linden, Tilia maximowicziana, and Tilia noziricola used are deciduous trees that are all part of the Tilia family of flowering plants.
These trees grow naturally in the mountainous areas along the Japan Sea side and Tohoku region, and depending on the region, they are called by many names including mada, manta, mouda, and moada. The thread is made by spinning and twisting the fibers taken from the bast fiber of the trees, and these threads are woven on hand looms or treadle looms. Processing of the bark fiber cannot be mechanized, and must be done by hand even today.