伝統的工芸品を探す
TRADITIONAL CRAFTS

阿波正藍しじら織Awa Indigo Cotton

阿波しじら織は、18世紀の末に阿波地方で盛んに織られていた「たたえ織」という木綿縞に、明治時代の初めに、改良が加えられて織られるようになったものです。
改良のきっかけについては色々な説がありますが、いずれの説も、濡れた布地を、そのまま日光で乾かしたところ、布の面に自然な面白い縮が出来たのを発見したのがきっかけだと言われています。

This Awa Shoai Shijira Ori was developed from a striped cotton cloth called tatae-ori that was being extensively woven throughout the Awa area at the end of the 18th century. Various reasons have been put forward as to why this development took place but it seems likely that is was the result of finding that when wet cloth was dried in the sun, it produced an interesting natural crepe effect.

This complex weave is dyed with a natural Awa indigo dye and is especially suitable for summer-weight kimono as the crepe effect gives it a refreshing feel, which is enhanced by its simple coloring and refined air.

  • ・告示

    告示

  • ・作業風景

    作業風景

  • ・クローズアップ

    クローズアップ

概要

工芸品名 阿波正藍しじら織
よみがな あわしょうあいしじらおり
工芸品の分類 織物
主な製品 着物地、のれん、ランチョンマット、ネクタイ、ハンカチ、タピストリー
主要製造地域 徳島県/徳島市
指定年月日 昭和53年7月22日

連絡先

■産地組合

阿波しじら織協同組合
〒779-3122
徳島県徳島市国府町府中字宮ノ西679-2
国府町商工会内
TEL:088-642-0258
FAX:088-642-0231

■関連展示場・施設

特徴

作り方