伝統的工芸品を探す
TRADITIONAL CRAFTS

奥会津昭和からむし織Oku-Aizu Showa Karamushi Textiles

からむしは、苧麻とも呼ばれる植物であり、その栽培技術を古来より伝承している。
上布に用いるからむし栽培地である昭和村において、栽培から織りに至る工程が手作業の織物である。吸湿・速乾性に優れており、夏の衣料を始め小物や装飾品等がつくられている。

Karamushi is a plant also known as ramie, whose cultivation techniques have been passed down since olden times. All processes from cultivation up to weaving karamushi are done by hand in Showa Village where it is cultivated to produce fine linen textiles. Due to its superior moisture absorption and quick drying properties, it is used not only for making summer clothing, but also for making accessories, ornaments, and other articles.

  • 告示

    技術・技法

     

    1
    次の技術又は技法により製織された織物とすること。

     

    (一)
    原材料のからむしは、「からむし引き」を行うこと。

     

    (二)
    使用する糸は、「手積み」によること。

     

    (三)
    製織には、地機を用いること。

     

    原材料

     

    福島県大沼郡昭和村に生育するからむしとすること。

  • ・作業風景

    作業風景

  • ・クローズアップ

    クローズアップ

概要

工芸品名 奥会津昭和からむし織
よみがな おくあいずしょうわからむしおり
工芸品の分類 織物
主な製品
主要製造地域 福島県/大沼郡昭和村
指定年月日 平成29年11月30日

連絡先

■産地組合

昭和村からむし後継者育成協議会
〒968ー0103
福島県大沼郡昭和村大字下中津川字中島611
TEL:0241-57-2116
FAX:0241-57-3044

■関連展示場・施設

特徴

作り方