• Home
  • 伝統的工芸品ニュース

伝統的工芸品ニュース

2018/9/13イベント

洋間にも合う掛け軸を モダンなデザイン追究

 美濃和紙や絵絹の生産が盛んで、掛け軸の制作が地場産業として根付く岐阜。全国的に高いシェアを誇るが、生活様式の変化で住まいから床の間が消え、掛け軸を飾る機会が減少している。そこで県内の画家、表具師、元画商ら幅広い世代の男女5人が集まり、「チーム『jiku創』」を結成した。洋間にも合うデザインの掛け軸を開発するなど、軸装の技術と文化的精神を継承し、心豊かに過ごせる床の間的空間づくりを提案している。
 メンバーは、日本画家の上村俊明さんと島田智博さん、表具師の市原英之さん、市原さんの長女でイラストレーターの彩子さん、元画商で日本画を手掛ける山田敏明さん。
 制作する掛け軸には、伝統的形式にあるような上部から垂らす2本の風帯などがない。書画は真ん中ではなく位置をずらしたり、上下で布の色を変えたりと、1点1点が個性的でモダンなデザインを追究している。
 今年1月から県内外で展示会を行っており、30日まで岐阜市加納堀田町の珈琲&ギャラリーあいで開催。会場には上村さんの日本画を市原さんが表装した掛け軸11点が並ぶ。
 白いハナショウブが描かれた「白映」は、むら染めの布の濃淡が風でそよぐ水面のよう。「桔梗」は上村さんの妻の着物の布地を使って仕上げられ、来店客からは「和室と洋室どちらにも合いそう」などと好評だ。

詳しく見る

2018/9/13商品

カシオ、夕暮れの東京を江戸切子で表現した「OCEANUS Manta」

 カシオ計算機は9月12日、メタルウオッチ「OCEANUS」の新製品「OCW-S4000D」を発表した。10月5日に発売し、世界限定3,000本、税別価格は200,000円だ。
 OCEANUSは、「Elegance, Technology」をコンセプトにした電波ソーラーウオッチ。今回のOCW-S4000Dは、OCEANUSのプレミアムライン「OCEANUS Manta(オシアナス マンタ)」の新モデルだ。2018年6月に発売されたOCW-S4000Cで採り入れた新機軸、「江戸切子」を用いたベゼルをまとう。江戸切子とは、ガラスの表面に彫刻を施す日本の伝統工芸だ。
 OCW-S4000DのベゼルもOCW-S4000Cと同じく、制作と監修は「堀口切子」の江戸切子職人、三代秀石 堀口徹氏によるもの。淡い瑠璃色とブラックのカラーリングが美しく、江戸切子のベゼル内側にはブルーIPを施し、全体で夕暮れの東京の空を表現している。
 また、OCW-S4000Cに引き続き、Bluetoothによるスマートフォン連携機能を備えた。スマートフォンアプリ「OCEANUS Connected」を使うことで、正確な時刻の取得、ワールドタイムの時刻(約300都市)をアプリ上の地図から選択できるなど、使い勝手がよい。もちろん、世界6局の標準電波による正確な時刻取得にも対応している。

詳しく見る

2018/9/11ニュース

沖縄の懐かしい民具・工芸品を収集 米ミシガンの美枝子クーパーさん シカゴ「日本祭り」で展示

 米国ミシガン州エピソラン市に住む美枝子クーパーさん=旧姓津波古、読谷村出身=は沖縄の民具や工芸品を収集している。陶器、漆器、染織、琉球人形など沖縄に帰省した時に買い集めた物や、結婚前に持っていた物、読谷村に住む母親の新垣トミさんが所有していた物もあり、収集品は200点余りに及ぶ。
 中には祖父の新垣新作さんが80年前に作ったオーダー(もっこ)、自身が子どもの頃に使っていたクチャ(髪洗い粉)の使い残し、10年前に親戚のお祝いで母親がもらってきたコーガーシー(砂糖菓子、らくがん)、友人の母親が戦前に着ていた着物など、実際に生活用品として使われた物や思い出の品が数多く含まれている。

詳しく見る

2018/9/10イベント

若手職人の工芸品ずらり 「駿府楽市」で展示即売会

 静岡の若手職人グループ「するがクリエイティブ」の伝統工芸品などの展示、販売を行う「つくりてtoつかいて展」が、JR静岡駅構内の「駿府楽市」で開かれている。11日まで。
 「するがクリエイティブ」は静岡の伝統工芸の若手職人を育成するため、平成5年に立ち上げたグループ。展示会では、加入する18人による竹細工や染色、漆器、陶芸の作品などが並ぶ。
 このうち、ひな人形の作り手である望月琢矢さんは29年に「coccala(コッカラ)」というブランドを立ち上げ、ひな人形の生地を使ったブックカバーやちょうネクタイといった雑貨を製作し、展示している。望月さんは「作品には触れて初めて分かる良さがある。お客さまにリアルな触感を味わってもらえれば」とし「静岡の人が静岡のものを作り、静岡ブランドを確立していきたい」と将来展望を話した。

詳しく見る

2018/9/10伝統的工芸品

西陣織支える知的障害者 工房開所15年、10業者から受注

 「ガッシャン、ガッシャン」-。3階建てビルの中から、機織りの音がリズム良く響いてくる。慣れた手つきで布を織り上げるのは、京都市北区の就労継続支援事業所「西陣工房」で働く知的障害のある人たち。工房は開所から今年で15年目を迎え、「福祉から地場産業を支える」という目標に向かって着実に歩を進めている。
 工房ができたのは2004年9月。西陣織の工程の一つで経糸を整える「整経」を行う家で育ち、京都市内の福祉施設で長く働いていた河合隆施設長が、西陣織と福祉をつなげられないかと考え、立ち上げた。
 はじめは知的障害のある3人で組みひもの生産からスタート。2007年には修学旅行生や観光客に、工房で働く人が組みひも作りを指導する体験教室を始め、今では年間に約700人が工房を訪れる。その後、糸繰り機や複雑な文様を織れる「ジャカード機」を順次導入し、本格的な西陣織の技術習得に乗り出した。
 中村賢太郎さんは、工房に通い始めて2年目。今年8月から、手織りできるジャカード機を使って作業を始めた。正絹の糸を機械に通し、美しい紋を織り上げていく。「手で織るのは楽しい」と、笑顔を見せる。

詳しく見る

2018/9/10ニュース

海外の有名シェフが和歌山視察 紀州漆器伝統産業会館を訪問

 若手料理人(30歳以下)の世界一を決める国際料理コンクール「サンペレグリノ ヤングシェフ」で優勝した外国人シェフ2人が、和歌山県内の食材産地などを視察するために来日。8日は漆器や酢といった特産品を熱心に見て回った。
 コンクールを主催するイタリアの飲料メーカー「サンペレグリノ」の担当者によると、日本の食材は海外でも注目されており、コンクールでも多くのシェフがコンブなどを使った料理を披露するという。
 今回訪れたのはコンクールの優勝経験者で、アイルランド人のマーク・モリアティさんと米国人のミッチ・リーンハードさん。第3回大会で優勝した日本人シェフが国内大会で披露した料理に使われた古座川産のアユに興味がわき、7日に来県した。アユのほか、梅料理やしょうゆなど県特産品の生産者らを巡り、製造工程の視察や味見などを行った。
 8日は酢の生産者などのほか、海南市船尾の紀州漆器伝統産業会館を訪問。漆器を手に「軽くて薄く、使いやすそうだ」と驚いたり、「小さな漆器の箱にトリュフチョコを入れて出せたら、すてきだね」と想像を膨らませたりしていた。

詳しく見る

2018/9/10商品

ラグビーW杯  美濃焼の記念酒器を製作 20日から販売

 来秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を記念して、静岡県裾野市の酒小売7業者でつくる「市もののふの里銘酒会」(江森甲二会長)は、ラグビーボール型のとっくりと、富士山型の台座がセットになった酒器を製作した。裾野産原料で作った地酒・地焼酎とセットで20日に販売を始める。
 とっくりのふたは、テーブルに置くと倒れてしまう「可杯(べくはい)」になっている。富士山型の台座は、とっくりや可杯を置くことができる。いずれも美濃焼で、とっくりには希望する4桁のシリアルナンバーを入れられる。番号の希望は先着順となる。
 デザインは江森会長が手がけた。こだわりは裾野から見た宝永火口が正面に見えることといい、江森会長は「ディスカウント店の台頭もあり、小売店は地元色ある製品の開発が不可欠。酒器でラグビーを一緒に盛り上げたい。富士山のふもとの裾野市もPRできたら」としている。
 地元産の原料を使った日本酒「もののふ」や茶焼酎「三七七六」などとセットで4000円前後。銘酒会の9店舗で購入できる。

詳しく見る

2018/9/7伝統的工芸品

受講生縫った菅笠贈る 福岡の菅笠製作技術保存会

 高岡市の越中福岡の菅笠(すげがさ)製作技術保存会(城山孝会長)は6日、市役所福岡庁舎で福岡町観光協会(石澤義文会長)に花笠用の菅笠60個を贈った。
 23、24日に開かれる福岡町つくりもんまつり(北日本新聞社共催)の最終日に行う「越中菅笠音頭」「福岡つくりもん囃子」の街流しで福岡小学校6年生が使用するほか、同校の運動会などでも使われる。
 菅笠は市が実施している「菅笠づくり後継者育成講座」の講師と受講生、事務局の職員合わせて20人が製作した。
 同保存会の城山会長は「講師や受講生が一生懸命縫った菅笠を大切に使って下さい」と話した。石澤観光協会長は「福岡地域が誇る菅笠を子どもたちに伝えるために使わせてもらいます」と述べた。

詳しく見る

2018/9/7イベント

伝統加賀友禅工芸展が開幕

 第40回伝統加賀友禅工芸展(北國新聞社後援)は6日、金沢市の石川県立美術館で始まり、作家が現代的な感性を生かして制作した着物44点、帯13点を披露した。
 金賞に選ばれた金沢市の菊田宏幸さんの訪問着「富嶽(ふがく)青富士」は、そびえ立つ富士山を大胆に描いた意欲作で来場者の注目を集めた。40回を記念し、歴代の受賞作品35点と物故会員の作品7点も展示された。
 10日までで、会期中は毎日、午後1時半から作品解説が行われる。

詳しく見る

2018/9/7商品

福井:伝統工芸「焼き物」「漆器」コラボ 商品化目指す

 福井の伝統工芸品の「越前焼」と「越前漆器」を組み合わせた腕時計を商品化するプロジェクトを、越前焼工業協同組合(福井県越前町)が中心になって進めている。焼き物と漆器という福井の技を広くアピールする狙いだ。プロジェクトは県の支援も受けており、ふるさと納税による全国からの寄付を14日から募る。目標は試作品の製作費100万円。
 越前焼には約850年の歴史がある。元々は、旧宮崎村と旧織田町(いずれも越前町)で採れる粘り強い土を使って、水がめなどが盛んに作られた。やがて職人たちが集まり、伝統工芸として根付いた。
 しかし、全国的に見れば、陶器の産地は各地にある。そこで、越前焼組合は2006年度、他産地との差別化を図ろうと地元の土を生かした高い強度の土を、県工業技術センター(福井市)と開発した。

詳しく見る