• Home
  • 伝統的工芸品ニュース

伝統的工芸品ニュース

2018/2/19伝統的工芸品

有田陶片物語  やきものの区分 西洋からの技術とともに

 今年は、明治維新150年の節目の年。佐賀県内でも各地で記念事業が計画されているようだが、明治といえば、西洋からの技術導入によって、有田をはじめとする日本の窯業が劇的に変貌を遂げた、エポックとなる時代でもある。
 各地に導入された窯業技術もさることながら、日本的な規模で影響を受けた、ちょっとした大きな変化もあった。その一つが、やきものの分類。今日では、“土器”、“陶器”、“〓(火ヘンに石)器(せっき)”、“磁器”という区分がおなじみだが、たとえば、佐賀県のやきものの中では、唐津焼は陶器、有田焼は磁器に区分されている。
 ところが、意外に知られていないが、実はやきものの分類などは、万国共通でもなければ、時代を問わず不変的なものでもない。実際に日本で磁器がはじまった江戸時代までは、“土器”と“陶器”の2区分しかなく、磁器も陶器の一種だったのである。このなごりを残す分かりやすい例が、あの有田の春の一大イベント。会場内を埋め尽くすのはほとんど磁器ばかりなのに、陶器市の名で親しまれている。
 明治に日本に導入された窯業技術は、ドイツの影響を強く受けている。この時、ドイツのやきものの区分である“土器”、“〓(火ヘンに石)器”、“磁器”の概念も持ち込まれ、実は、これに従来の日本の区分である“土器”と“陶器”を組み合わせたものが、現代の日本の分類なのである。

詳しく見る

2018/2/19その他

前橋で「かかあ自慢の祭典」 女性の活躍に焦点 絹文化体験やトーク

 各界で活躍する女性が自身の取り組みや情熱を語る「かかあ天下PR合戦」には、若者の自立支援に携わる元教諭や桐生織の若手職人が登場した。エフエム群馬の公開生放送という形を取り、司会を務めたラジオパーソナリティーの内藤聡さんの軽妙な語り口が観客の笑いを誘った。
 ステージでは、上毛新聞社が2016年に開催した「あなたが創る『絹の詩』作詩コンクール」で誕生した歌「おかいこさん」を群馬大附属小の児童が合唱。片品の民話を語ろう会は、夫の紺周郎と共に養蚕方法「いぶし飼い」を指導し、「かかあ天下」の代表的存在として知られる永井いとの功績を朗読劇で紹介した。

詳しく見る

2018/2/19イベント

香蘭短大生がファッションショー 博多織テーマにデザイン

 香蘭女子短大(福岡市南区)のファッション総合学科とテクニカル専攻科の学生による卒業・修了記念のファッションショーが18日、福岡市・天神であった。
 福岡の伝統工芸品「博多織」をテーマに、学生が現代風にデザインした洋服やドレスなど53点を学生自身やモデルが着て披露。学生リーダーの佐田七海さんと忍田雅さんは、約1年間の制作期間を振り返り「うまくいかずに諦めそうになったけど、仲間や先生のおかげで最後まで頑張れた」と語った。
 博多織は今年、誕生から777年。観客の一人は「学生の春からの新生活に幸運が訪れますように」。

詳しく見る

2018/2/15その他

羽生・井山両氏に国民栄誉賞授与 記念品に尾張七宝の硯箱

 将棋棋士の羽生善治氏(47)と囲碁棋士の井山裕太氏(28)に13日、国民栄誉賞が贈られた。首相官邸で表彰式があり、安倍晋三首相が表彰状や記念品を手渡した。
  羽生氏は名人など七つのタイトルで前人未到の「永世七冠」を達成。井山氏は囲碁史上初の七大タイトル独占を2度にわたって果たした。表彰式で安倍首相は「歴史に刻まれる偉業を達成し、多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた」とたたえた。記念品は、両氏の「七冠」にちなんで七宝(しっぽう)で彩られた硯(すずり)箱に、伝統工芸品の硯や筆などを収めたセット。返礼品として羽生氏は将棋の二寸盤と駒、井山氏はミニチュアの碁盤と碁石のセットを首相に贈った。

詳しく見る

2018/2/15商品

「JIMOTO made series」シリーズ。地域に根ざした伝統工芸とのコラボ。

【墨田区「スターバックス アイスコーヒーグラス」】
 地方だけではなく、東京の「地元産」グッズもあります。 墨田区の一部店舗限定で販売されているのは、江戸切子の伝統技術が光る「アイスグラス」。こちらも一つひとつ、職人さんの手によって丁寧に仕上げられています。
 切子の紋様の涼しげな印象と、スターバックスの紙カップ側面を模したデザインがまさに粋!
【歴史と伝統、ブランド力の融合】
 この「JIMOTO made series」は現在、9つの地域で展開されています。いずれも、その地に受け継がれてきた技術を注ぎ込んで作られる、歴史と伝統を感じるアイテムばかり。
 確かにひとつひとつのお値段を見ると、気軽に買える……とは言えないかもしれません。でもその価格設定にこそ、各地に息づく伝統工芸の担い手の姿があり、それらを守り、広めようというブランドとしてのスターバックスの心意気が見えるような気がします。
 大好きなスタバで、今まで知らなかった各地の伝統工芸に出会う。それは、きっと新しい楽しみになるはず。次の旅先ではぜひ、スターバックスでこの「JIMOTO made series」をチェックしてみてください!

詳しく見る

2018/2/15イベント

久留米絣のファッションショー 筑後市と久留米大

 久留米絣のファッションショーが14日、県庁11階の福岡よかもんひろばであった。ショーは筑後市と久留米大学が共同で企画し、久留米大生ら約10人が思い思いの着こなしで、絣の魅力をPRした。
 筑後市と久留米大の地域振興の連携協定に基づく活動の一環。筑後市の絣の6工房が協賛し、学生が着物や洋服を自ら組み合わせ、ランウェーに登場した。参加した女子学生は「軽くて着心地が良い」と話した。

詳しく見る

2018/2/15その他

モーグルW杯・たざわ湖大会 樺細工のメダルお披露目

 秋田県仙北市のたざわ湖スキー場で来月2~4日、モーグルの国際大会「2018FISフリースタイルスキーワールドカップ(W杯)秋田たざわ湖大会」が開かれる。大会で各種目の上位3選手に贈られるメダルが14日、県庁で披露された。
 メダルは直径8センチ、厚さ1.85センチ、重さ135グラム。県、市、県スキー連盟などでつくる大会組織委員会が、樺細工を手掛ける同市の角館工芸協同組合に依頼し、約半年かけて作った。
 樺細工の茶筒を制作する際に用いる「型もの」と呼ばれる技法で作った円形の土台にガラスを重ねて接着。ガラスを通して樺細工の模様を楽しめるデザインとなっている。

詳しく見る

2018/2/13イベント

手漉き和紙×明かり×6名のアーティスト=WA CHIC展開催

【展示会紹介】
1500年の歴史をもつ「越前和紙」と現代技術の「LED」が融合した、新感覚のデザインライトフレーム「和紙ック-WA CHIC-」を使用した作品展を開催します。
和紙に印刷した写真・書・イラスト・アニメアート・ロゴデザインなどの作品を、額装の手漉き和紙と共に、LED照明を内蔵した背面から幻想的に照らします。
更に「和紙ック-WA CHIC-」は背面部から簡単に作品の入れ替えが出来るのも大きな特徴です。
今回、6名のアーティストをお招きし、期間中作品を入れ替えながら開催します。
斬新な和の表現によって拡がった新しいアートの輪を、是非ご覧ください。

【イベント内容】
日程:2018年3月9日(金)~11日(日)
時間:11:00~19:00(最終日は16:00まで)
会場:根津ギャラリー・マルヒ(東京都文京区根津2-33-1)
料金:無料

3月9日18:00より、オープニングパーティーを開催する予定です。
お気軽にご参加ください。

詳しく見る

2018/2/13イベント

ストリートファイター佐賀 「佐賀ット商店」13日オープンー有田焼ー

 佐賀県と人気格闘ゲーム「ストリートファイター2」がコラボを組んで話題となっている「ストリートファイター佐賀」。1月に東京・銀座で開いた期間限定のコラボ名産品ショップ「佐賀ット商店」が佐賀に凱旋(がいせん)し、13日、佐賀市の佐賀バルーンミュージアムにオープンする。
 ストリートファイター佐賀は、タイ出身のゲームキャラクター・サガットが佐賀県観光大使に就任した。「佐賀ット商店」では、サガットを主役に据えたオリジナルデザインによる有田焼や佐賀のりのほか、リュウ、ケンら主要8人のキャラクターとコラボした佐賀の名産品が登場。日本酒、お米、お茶、ブラックモンブラン、羊羹、サイダー、紅茶、手ぬぐい、カットバンなど14種類がそろう。
 営業時間は10〜19時。3月31日まで開店しているが、商品には限りがあるため、お目当てがあれば早めに足を運ぼう!

詳しく見る

2018/2/13その他

好きな信楽焼くまちゃんカップで。梅田「カフェゆう」は遊び心あふれる癒しカフェ

 梅田といえば大阪で一番の繁華街。その梅田でお好みのかわいいうつわでドリンクをいただける、「カフェゆう」が女子の間で評判になっています。「陶芸教室ゆう工房」のスタッフが作ったうつわで、カフェタイムやランチを楽しめると人気です。
 カフェゆうで使用されるうつわは、陶芸教室のスタッフがロクロを回して作り、大阪府能勢町にある穴窯で焼かれます。信楽焼と呼ばれる陶器で、稲のわらを燃やした灰の釉(うわぐすり)を塗ることによって、窯の温度変化によってさまざまな色味や風合いが現れるそうです。
 いまでは稲のわら自体簡単に手に入らないため、陶芸家のこだわりがある釉として珍重されています。そうして作られるのが「信楽斑わら灰釉カップ」なんです。

詳しく見る