伝統工芸 青山スクエア

紀州へら竿

和歌山県

紀州へら竿は、竿師の高い技術力で作られるへら鮒用の釣り竿です。
その製造技法は、明治10年代に大阪市で確立し、その後、原材料である高野竹(スズ竹)の産地に近い和歌山県橋本市に根付いて今日に至ります。昭和初期からのへら鮒釣りブームもあり、へら竿づくりは定着し、以後多くの釣り師に愛されてきました。

概要

工芸品名 紀州へら竿
よみがな きしゅうへらざお
工芸品の分類 木工品・竹工品
主な製品 主にへら鮒釣りを目的とした釣り竿
主要製造地域 橋本市、伊都郡九度山町
指定年月日 平成25年3月8日

連絡先

■産地組合

紀州製竿組合
〒648-0041
和歌山県橋本市清水220-4
TEL:0736-32-8150

特徴

三尺(約90㎝)程の3~5本の竹を「並継ぎ」し、竿先は円錐状に削って穂先 とし、持ち手はグリップのように太く、バランスの取れた調子と丁寧な装飾の調和が持ち味です。

作り方

紀州へら竿の工程は、
①原竹の乾燥
②生地組み
③火入れ
④中抜き
⑤込み削り
⑥絹糸巻き
⑦漆塗り
⑧差し込み
⑨握り
⑩穂先削り
⑪胴漆塗り(胴拭き)
⑫仕上げ

と、大きく分けて12工程あり、そのいずれもが手作業としての製造であり、これらの作業は通常、同じ竿師が一人で行っています。

totop