伝統工芸 青山スクエア

2018/2/27(火)

丸太一木彫り開運牛 重さ200キロ超 砺波の音琴さん制作

 井波彫刻師で日展作家の音琴和彦さん=砺波市杉木=が、ケヤキの丸太を一木彫りした荒ぶる牛の大作を二カ月がかりで完成させた。背中の筋肉がずっしりと盛り上がり、脚は極太、頭を低く構えて突進する直前の姿。「開運牛」として南砺市の道の駅井波の自身の工房前で展示している。
 高さ一・三メートル、全長二・二メートル、重さ二百キロ以上。旧知の南砺市の製材会社社長から「大きくて製材機にかからない。作品に使って」と丸太を譲り受けた。ひと目で「これは牛がいい」と直感。得意のチェーンソーを大小六台使って粗彫りし、豪快にのみで彫り上げた。ところどころをバーナーで焼き、墨を塗って仕上げ、迫力を出した。
 音琴さんは「災いをなぎ倒し、幸せに向かって突進していくイメージ。力強さにこだわった」と満足そう。道の駅を訪れる観光客らは「大きい!」「迫力がある」などと見入っている。購入の希望があれば相談に応じるという。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop