• Home
  • 伝統工芸ニュース
  • こけしブーム 黒石・津軽こけし館は10年で売り上げ5倍/生産追いつかず「1年待ち」も
2018/4/2(月)

こけしブーム 黒石・津軽こけし館は10年で売り上げ5倍/生産追いつかず「1年待ち」も

 昨年10月21日朝。青森県黒石市の津軽こけし館は開館を待ちわびるこけしファン約120人の熱気に包まれていた。先頭の男性は「一昨日から並んでいる」。お目当ては30回目を迎えた全国伝統こけし工人フェスティバル。東北各地から集まった工人28人の直売会だ。来場者は販売開始と同時にお目当てのブースに駆け寄り、会場は数分でいっぱいになった。
 こけしブームが続いている。2010年ごろから第3次ブームが始まったとされ、4千本を所蔵する津軽こけし館はイベントのたびに全国から客が殺到。こけしの通信販売は売り上げの伸びが著しい。
 黒石市から指定管理を委託されたツガルサイコー(福士拓弥社長)が運営する同館は07年、全国的に知られた「純金・純銀こけし」を市の財政難のため手放した。08年度の売り上げは落ち込み、約1千万円と前年に比べ半減したが、その後ブームの追い風もあり着実に回復。17年度は売り上げが5千万円台に乗り、10年で5倍に拡大した。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop