2018/11/5(月)

奇祭「狸の腹鼓大会」自慢のお腹で6連覇達成 滋賀・信楽の美容師

 信楽焼を代表する名物のタヌキにちなんで、腹をたたいて音の立派さを競う第9回「全国狸の腹鼓大会」が4日、滋賀県甲賀市信楽町長野の新宮神社で行われた。出場者らはタヌキをモチーフにした仮装姿で、自慢の腹鼓を境内に響かせていた。
 石川県や大阪府など県内外から12組16人が参加。腹鼓の音量と音色、会場を盛り上げるパフォーマンス度などを競った。
 今年の優勝は地元の美容師、奥田勉さんで、今回で6回目の栄冠となる。演奏とともに手品を披露し、ひときわ会場を湧かせた大阪市中央区のマジシャン、佐々木泰さんは惜しくも準優勝。佐々木さんは「お客さんが盛り上がってくれてうれしい。来年はパフォーマンスをさらに磨き、優勝を目指す」と話した。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop