2019.09.13

石州和紙展が始まりました!

石州和紙・石州半紙の世界」が始まりました。   石州和紙は島根県の伝統的工芸品で、天然素材にこだわって作っている和紙。青山スクエアの匠コーナーでは初めての出展です。     漂白剤を使っていないので、生成り色なのが特徴です。 染めたものもありますが、それも自然植物を使っています。     これは藍染をしたもの。 ご自身では藍染めができないので、奈良で藍染めをしている人に染めてもらったそうです。   機械で染めているわけではないので、一つとして同じ模様にならないのも人気のひとつ。 また、藍染めということで、外国の人に人気があるとおっしゃっていました。     こちらは、赤ちゃんに最初に履いてもらうためにと石州和紙で作ったファーストステップシューズ。   すべて石州和紙でできています。 この靴を縫い合わせている糸も石州和紙で作られています。   実際に、青山スクエアでは作り手の方がファーストステップシューズを作っているところを見ることができます。     縫い合わせるのはそれほど難しくはないものの、シューズのギャザーになっているところは、初めての人だとちょっと難しいとおっしゃっていました。   この他にも、    和紙とは思えないような可愛いものがあります。   和紙の新しい可能性を感じますよね。 「石州和紙・石州半紙の世界」は、9月19日まで行っています。 先週から開催中の「粋な職人に会えるまち~台東区の伝統工芸品展~」も、同じく9月19日までです。   ぜひ、青山にお越しの際は、青山スクエアまで足を運んでみてくださいね。  
totop