• Home
  • お知らせ一覧
  • 「瀬戸染付焼伝統工芸士会展」と「東京手仕事展」が始まりました!
2019.09.27

「瀬戸染付焼伝統工芸士会展」と「東京手仕事展」が始まりました!

特別展「東京手仕事展」と匠コーナー「瀬戸染付焼伝統工芸士会展 ー青の器ー」が始まりました!   入ってすぐの左側の一角が匠コーナー「瀬戸染付焼伝統工芸士会展 ー青の器ー」   様々な青の器が出迎えてくれます! 同じ瀬戸染付焼といえど、表情がそれぞれ異なり、ひとつひとつに惹きつけられます。   入口正面側では江戸切子と鍛金(たんきん)の実演が行われていました。     江戸切子は全く手の入ってないものから、下絵が入ったもの、徐々に削った部分が増えていく6段階の製作途中を見本に出していて、その見本と実演をみると制作過程がよくわかります!   こちらは北斎BLUEと名付けられた「神奈川沖浪裏」を図案化した作品。 波と飛沫と富士山が鮮やか!   金属を叩くというハードなイメージの鍛金ですが、ハート形の内側に箔を散りばめた、華やかな作品に惹かれました!かわいい。 日本酒を注いだらどんな風にみえるのか気になります。   他にも興味深い作品が数多く展示されていました。 この週末はぜひぜひ青山スクエアまでお越しくださいね。 皆さまのご来場を、心よりお待ちしています!
totop