• Home
  • お知らせ一覧
  • 『東京の粋は、進化する。』東京手仕事展、好評開催中です!
2019.10.02

『東京の粋は、進化する。』東京手仕事展、好評開催中です!

青山スクエアにて開催中の特別展「東京手仕事展」 より、
「伝統」と「今どき」のコラボレーション!と感じた展示作品を3点ご紹介します。

 

タブレット用スピーカーで、打楽器でもある「打宝音(だほーん)」

 

 

三味線の胴の部分がモチーフとなっており、三味線では皮を貼る上部に、
良い音を生み出す硬質な木材が使われています。

付属のマレットはもちろん、カホンのように素手で叩くのもいい音色とか!

 

 

こちらは切り取ったフレームに周囲の景色を借りて、
現代に北斎や写楽らを楽しむことができる「借景うちわ」

なんと、伝統的な手法で刷った本物の木版画が使われています。

 

 

 

高層ビルや高架を走る電車に被る北斎の波しぶき!

写楽の背景にスカイツリーやイルミネーション!

このうちわを手に街を歩いていたら、わくわくしそうです。
外国の方へのお土産にしても喜ばれそうですね。

 

実際に絹織物の江戸小紋・江戸更紗などを染めた型紙を使って
レザーを染めた「江戸小紋レザーシリーズ」

 

 

カードケースやタブレットケースなど現代だからこその小物たちに
あしらう古典柄は、伝統のデザインが決して古びたものではなく、
現代に通じるモダンさを持っていることがよくわかります。

着物の型染めとは柄が逆に出るのも新鮮ですね。

 

特別展「東京手仕事展」 は青山スクエアにて明日18時までとなります。
ぜひ青山スクエアにて、実物をご覧くださいね!

totop