2019.10.10

第54回全国漆器展より ー美術工芸品部門ー

特別展「第54回全国漆器展」  より、 本日は美術工芸品部門の受賞作品を5点ご紹介致します!  

農林水産大臣賞 「盛皿グリーン(魚)」 香川漆器

  水面の揺らめきを思わせる木目、水草を感じさせる緑漆は、光沢も水面の反射のようです。 その中を、鱗を光らせて泳ぐ螺鈿と黒漆の魚。 ぜひ実際にご覧になって頂きたい作品です。      

林野庁長官賞 「入れ子三段箱」 津軽塗

マトリョーシカのように(?)入れ子に収納できる3つの漆の箱。 用途に合わせて、書類を入れてもお重にしても使用できるデザインをと 作成されたとのこと。 津軽の「唐塗り」「紋紗塗り」をなどを堪能頂ける上品で上質な作品です。    

日本経済新聞社賞 「コーヒーカップ 椿研出し蒔絵」 輪島塗

  椿の花が金蒔絵であしらわれた美しいコーヒーカップ! デザイン性と技術力で高評価だったのはもちろん、 審査員から「椿の季節にこの漆の器でコーヒーをのんでみたい」との声が上がったとか。    

一般社団法人日本漆工協会会長賞 「大棗 花みずき」 輪島塗

こちらは色漆でハナミズキがあしらわれた色とりどり華やかな棗。 茶室でもさぞ目を引くことでしょう。 ハナミズキの頃は茶会も多い季節。 お道具をどのように取合せるか想像するとうきうきします。    

一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会賞 「漆蒔絵 兜 翔龍」 木曽漆器

こちらは端午の節句に飾りたい五月兜。 兜の両脇には力強く蒔絵で龍があしらわれ、元気に育って欲しい気持ちを感じます。 どことなくモダンなデザインで、この兜ならリビングにも馴染みそうです。   ぜひ青山スクエアにて、実際に作品をご覧になってくださいね!     ※展示作品は全て販売可能ですが、すでに売約済の作品も掲載しております。ご了承ください。 ※受賞作品の一覧は、全国漆器展公式サイトにてご覧いただけます。
totop