• Home
  • お知らせ一覧
  • 産地で選ぶ?素材で選ぶ? 新年を一緒に迎える「丑モチーフの工芸品」

産地で選ぶ?素材で選ぶ? 新年を一緒に迎える「丑モチーフの工芸品」

新しい年を迎える準備に、縁起のよい干支のアイテムはいかがでしょうか。
2021年は丑年(辛丑/かのとうし)。 青山スクエアに集まった、表情豊かな丑たちは、産地ごとに個性豊かで趣もいろいろ。その中から、素材の違う工芸品を集めてみました。

 

 

開運の願いを込めた、縁起置物


 

思わず手に取りたい愛らしさ/越中和紙

雪深い平家落人伝説の地で、加賀藩の手厚い保護を受けながら発展した五箇山(ごかやま)和紙製の紙塑人形(しそにんぎょう)です。楮(こうぞ)の繊維を固めて作るため、しっかりとした造り。和紙の素朴な風合いもよく、人気の干支シリーズです。

(紙塑人形 丑・(農)五箇山和紙)

 

 

 

 

世界で一つだけの人形に出会う/江戸木目込人形(岩槻)

日光東照宮の造営と深く関わりのある、埼玉県・岩槻の江戸木目込人形。歴史に培われた技が、愛らしい人形を生み出します。使用される生地は二つとして同じ組み合わせはなく、顔立ちも様々。好みで選べるのも魅力です。

(干支 ミニ丑/江戸木目込人形(岩槻)・いふじ人形店)

※店舗のみのお取り扱いとなります。

 

 

 

笑う丑には福来る/博多人形

素焼きに彩色した柔らかな質感、繊細な筆のタッチも麗しい博多人形。丑年を迎えるにあたって登場したのが、たくましい体に至福の表情を浮かべた丑の親子です。打ち出の小槌や小判なども配し、贈答品にも最適な縁起置物です。

(福寿萬来 多田明正作/博多人形・人形のごとう)

 

 

 

 

デスクで開運見守ります/高岡銅器

鋳造から着色に至るまで、職人の手作業で生まれる独特な色と形。丑の家族をユーモラスにデザインした、和洋どちらの空間にもマッチする工芸品です。安定感のある重さで、文鎮はもちろん筆置きにも使えデスクで重宝します。

(干支文鎮「うっしっし!」)

 

 

 

 

日常で使える、親子で楽しめる!センスあふれる丑モチーフ


 

ペタペタ貼って、干支グッズ作りに挑戦!!/阿波和紙

丑の親子とミルク瓶のセットが簡単にできる手作りキットです。楮や三椏など、吟味された材料をゆっくり漉くことでできる阿波和紙は、強く美しく、工作などの作業にもぴったり。冬休みの宿題に親子で挑戦してみませんか。

(風船はりこ 手作りキットうしのはりこ/阿波和紙・アワガミファクトリー)

 

 

 

 

バッグに忍ばせ、一緒にお出かけ/越前和紙

平安貴族の身だしなみとして生まれ、現在はお茶席で、また日常のエチケットアイテムとして注目されている懐紙に、牛柄が登場しました。越前和紙ならではの上品な質感と、蛍光剤不使用なので安心して食品を載せられるのも魅力。

(越前和紙懐紙/越前和紙)

 

 

 

 

*掲載商品に関するお問い合わせ先 青山スクエア|03-5785-1301

店舗情報

 

totop