2018年度 全国伝統的工芸品公募展

全国中小企業団体中央会会長賞

作品名:更紗トートバッグ

甲州印伝/山梨県

作者名山本裕輔

  • このページのQRコード

    更紗トートバッグ

講評

着物を着たときに持つ大きめのバッグはあるようで無く、様々な着姿に合わせやすい色合いもよい。バリエーションの広がりを感じる作品である。

プロフィール

日本で唯一、甲州印伝 伝統工芸士(総合部門)の資格を保持。(2019年8月現在)

実績
(財)伝統的工芸品産業振興協会主催第31回全国伝統的工芸品コンクール 入選「陽陰の桜」
以後、第33回・34回全国伝統的工芸品コンクールにおいても新作が入選。

2015年印伝の山本 代表取締役社長就任。
「合切袋」が日本が誇るべき優れた地方産品「Wonder500」に選定。
2016年「レクサスニュー匠プロジェクト」にて山梨県代表として参加。
2017年 「平成29年度 全国伝統的工芸品公募展」にて「日本伝統工芸士会会長賞」受賞。
2018年甲州印伝 伝統工芸士(総合部門)の資格を取得
「平成30年度 全国伝統的工芸品公募展」にて「全国中小企業団体中央会会長賞」受賞。

伝統技術を継承し、高品質な甲州印伝を製作する傍ら時代に合った甲州印伝のあり方を探り様々なコラボレーション、開発に挑戦。
甲州印伝のワークショップ、講演会なども積極的に行い、次世代に甲州印伝を伝承すべく日々製作に励んでいる。

印伝の山本サイト:http://www.yamamoto-inden.com/
印伝の山本インスタグラム:https://www.instagram.com/inden_yamamoto/
印伝の山本Facebookページ:https://www.facebook.com/yamamotoinden/

受賞者コメント

前回の日本伝統工芸士会会長賞に続き、二年連続で受賞を賜われましたこと大変光栄に思います。

当作品は従来の甲州印伝製品では見られない大容量の収納可能性を考え作りました。多くの方にご愛用頂けましたら幸いです。

作品

totop