2019年度 全国伝統的工芸品公募展

全国中小企業団体中央会会長賞

作品名:プレート

津軽塗/青森県

作者名白川明美

  • このページのQRコード

    プレート

講評

伝統的な七々子塗の技法を応用し、菜種の微粒を活かしたことで華やかに気兼ねなく使え、また使っていく変化が手頃な価格の中で楽しめる作品だとして評価され、選定された。

プロフィール

1956年 青森県五所川原市生まれ
1975年 漆工芸に従事
1979年 全国展 後継者奨励賞 受賞
1983年 伝統的工芸品展 伝統的工芸品産業振興協会
会長賞 受賞
1989年 ジャパンデザインコンペティション石川 
金賞 受賞
1989年 全国展 農林水産大臣賞 受賞
1995年 独立し工房開設
2011年 全国伝統的工芸品公募展 
内閣総理大臣賞 受賞
2015年 全国伝統的工芸品公募展 
内閣総理大臣賞 受賞
2019年 テーブルウェアフェスティバル 
最優秀賞・東京都知事賞 受賞
2019年 全国伝統的工芸品公募展 
全国中小企業団体中央会会長賞 受賞

ホームページ:https://urushiakimi.com
インスタグラム:https://www.instagram.com/urushiakimi

受賞者コメント

この度はこのような賞をいただき大変光栄に思います。
漆器を気兼ねなく普段使いしていただくために、傷のつきにくい微粒面に仕上げました。
これからも漆器に興味をもって頂けるような作品作りに励みたいと思います。

作品

totop