2020年度 全国伝統的工芸品公募展

内閣総理大臣賞

作品名:鳥獣人物戯画 袋物一式 「まう・ねらい・かける・みなも」

甲州印伝/山梨県

作者名芹澤依子

  • このページのQRコード

    鳥獣人物戯画 袋物一式 「まう・ねらい・かける・みなも」

講評

印伝の技法、材質の個性を生かしながら「鳥獣戯画」のモチーフをテーマごとにあしらい、リーズナブルな価格に加え、機能的かつ色の組み合わせの完成度も高い優れた作品である。現代において使える機能性を備え、必要なその日の都合により選べる点がよい。モチーフにオリジナリティがあり、印伝を若い人に訴求できる様々なモチーフの展開が期待できると評価され、選定された。

プロフィール

1983年3月生まれ 神奈川県出身。大学卒業後、輸送用機器メーカーを経て、2014年~2016年  伝統的工芸品産業振興協会が運営する「伝統工芸青山スクエア」に勤務。

2017年 有限会社印伝の山本にて甲州印伝の製作技術を学び始める
2018年 第43回全国伝統的工芸品公募展 バイヤー賞 受賞
2019年 第44回全国伝統的工芸品公募展 入選
2020年 第45回全国伝統的工芸品公募展 内閣総理大臣賞 受賞

HP: http://www.yamamoto-inden.com/
Twitter: https://twitter.com/Koshu_Inden
Instagram: https://www.instagram.com/inden_yamamoto/
Facebook: https://www.facebook.com/yamamotoinden

受賞者コメント

この度は栄えある賞を賜りまして、誠にありがたく存じます。今回の作品は、甲州印伝の柄の新規性を模索しつつ、古典美術と伝統工芸を日常で楽しめるアイテムを作りたいと考え、開発しました。これからも研鑽に励み、現代の生活に一層寄り添う甲州印伝を提案していきたいと思います。

作品

totop