丸うちわ 青海波

アーカイブ:2017年05月

2017/5/9(火)

丸うちわ 青海波

丸い地紙と細長い柄が上品なデザインのうちわです。文様の青海波(せいがいは)はその形が波を表しているように見えることから、「穏やかな海の波のように、平穏な生活がいつまでも続きますように」という願いが込め...

詳しく見る

2017/5/9(火)

千鳥型うちわ 秋草

榾(ほね)に90本の竹材を使用し、柄が千鳥の形になっております。涼しげな秋草の文様が繊細な色合いに映える、少し変わったかたちのうちわです。 主な材料:紙、竹...

詳しく見る

2017/5/9(火)

千鳥型うちわ 光琳波

榾(ほね)に90本の竹材を使用し、柄が千鳥の形になっております。光琳風の文様が粋な変わった形のうちわで夏を楽しんではいかがでしょう。 主な材料:紙、竹   ※模様の入り方が一点一点異な...

詳しく見る

2017/5/9(火)

丸うちわ ひょうたん

丸い地紙と細長い柄が上品なデザインのうちわです。ひょうたんは末広がりであることや、果実が鈴なりになる様子などから、昔から縁起の良い模様とされています。 主な材料:紙   ※模様の入り方...

詳しく見る

2017/5/1(月)

手組帯締 オレンジ

奈良時代頃に作られ始めた日本のくみひもは、時代の需要に合わせて様々なものに使われてきました。帯締は和装の主役でこそありませんが、欠かせない存在です。 色はオレンジの他に、藤色、金ピンク緑、金朱もあり...

詳しく見る

2017/5/1(月)

手組帯締 藤色

奈良時代頃に作られ始めた日本のくみひもは、時代の需要に合わせて様々なものに使われてきました。帯締は和装の主役でこそありませんが、欠かせない存在です。 色は藤色の他に、オレンジ、金ピンク緑、金朱もあり...

詳しく見る

2017/5/1(月)

手組帯締 金ピンク緑

奈良時代頃に作られ始めた日本のくみひもは、時代の需要に合わせて様々なものに使われてきました。帯締は和装の主役でこそありませんが、欠かせない存在です。春の野のような繊細な色の組み合わせ。 色は金ピンク...

詳しく見る

2017/5/1(月)

手組帯締 金朱

奈良時代頃に作られ始めた日本のくみひもは、時代の需要に合わせて様々なものに使われてきました。帯締は和装の主役でこそありませんが、欠かせない存在です。 色は金朱の他に、オレンジ、藤色、金ピンク緑もあり...

詳しく見る

2017/5/1(月)

小千谷紬長財布

紬で織り出された模様の美しい財布です。紺色の地に赤が映えます。 紬100%...

詳しく見る

2017/5/1(月)

はんごう弁当

持ちやすいはんごう型のお弁当箱。近年人気の出てきた曲げわっぱは、温かみのある木目にお料理が良く映えます。ウレタン加工が施されているので、扱いは非常に簡単です。 容量:上段390CC 下段500CC ...

詳しく見る