• Home
  • 伝統的工芸品を探す

伝統的工芸品を探す

TRADITIONAL CRAFTS

東京都

江戸切子

Edo Cut Glass

その他の工芸品

天保5年(1834年)に、江戸の大伝馬町でビードロ屋を営んでいた加賀屋久兵衛という人物が、英国製のカットグラスを真似てガラスの表面に彫刻を施したのが始まりと言われています。

It is said that the origins of Edo Kiriko date back to 1834 when a Kagaya Kyubei, who was working in a small glass works in Edo (Tokyo), copied a piece of English cut glass. It also seems that Commodore Matthew Perry, who arrived in Japan toward the end of the Edo Period (1600-1868), was very surprised when he was presented with a splendid piece of Kagaya's cut glass.

東京都

江戸木版画

Edo Mokuhanga

その他の工芸品

江戸木版画は、墨一色の版画の上に色を筆で彩色していくようになり、これらは丹絵、紅絵、漆絵として進歩してきましたが、色を板木で摺る工夫がなされ、二、三色の色摺版画(紅摺絵)ができました。さらに、明和2年(1765 年)には、金や銀まで摺り込み、中間色も木版で刷り上げることができるようになり、多色摺りのスタイルが確立されました。

Edo Mokuhanga are woodblock prints that began with a black print that was then colored with a brush.

東京都

江戸硝子

Edo Glass

その他の工芸品

江戸硝子は、明治初めに東京・品川の官営工場(品川硝子製造所)において導入された西洋式硝子製造技術により、東京を中心に産業として発展した工芸品であり、主に「宙吹き」「型吹き」「押し型」の3つの製法で作られています。

Edo glass began in the early Meiji period when the Shinagawa Glass Works, a government managed factory in Shinagawa Tokyo, imported glass manufacturing technology from the west.

東京都

江戸べっ甲

Edo Tortoiseshell

その他の工芸品

江戸べっ甲は、タイマイの甲羅を原料として、独自の鼈甲の張り合わせ技術を用いた工芸品。江戸期の関東地方においては、盛んに和装品が製造されており、現在では和洋装飾品、眼鏡等が製造されています。

Edo Tortoiseshell uses the shell of the hawksbill turtle and a unique technique to attach the pieces of tortoiseshell together. During the Edo period, accessories for kimono were produced in the Kanto region, and in the current day, acceccories for both kimono and Western clothing, as well as eyeglasses and other items are produced.