伝統的工芸品ニュース

伝統的工芸品ニュース

アーカイブ:2018年06月

2018/6/29伝統的工芸品

井波彫刻受注相次ぐ 祭り屋台やだんじり

 南砺市井波地域の彫刻師に、各地から祭り屋台やだんじりの彫刻の受注が相次いでいる。全国有数の高い技術力が評価され、彫刻師らの励みになっている。
 南砺市山見(井波)の日展会友、土田信久さんは月末の納入を目指し、静岡県磐田市の屋台彫刻を作っている。屋台は唐破風(からはふ)の豪華な造りで、屋根の下に取り付ける彫刻は幅約180センチ、高さ約65センチ、厚さ約12センチ。鳳凰(ほうおう)が立体感たっぷりに彫られている。
 力神をかたどった部材の写真を、発注者の山本建築(同県森町)に送ったところ、写真共有アプリ「インスタグラム」を通じて拡散し、評判となった。

詳しく見る

2018/6/29イベント

安全「人手足りず無理」 浅野川・燈ろう流し中止 山野市長に加賀染振興協報告

 金沢市の浅野川で1日夜に行われた「第44回加賀友禅燈ろう流し」での火事を受け、協同組合加賀染振興協会の住田敏理事長らは28日、市役所に山野之義市長を訪ね、来年の燈ろう流しの中止を報告した。理由について住田理事長は「安全面を考えると、高齢化で人手が不足しているわれわれの組織では無理だと判断した」と述べた。
 燈ろう流しは同協会などでつくる実行委員会が主催し、市役所には住田理事長のほか、小川甚次郎顧問と中川聖士事務局長が訪れた。市長への報告は非公開で、報告後に住田理事長と小川顧問が会見した。
 2020年以降の再開についても住田理事長は「限りなく不可能に近い」と説明した。火事では全体の半分に当たる約600基の燈ろうが焼失しており、資金的にも再開は困難とした。1975年から続く伝統行事が途切れることについては「非常に残念だ」と無念そうに話した。

詳しく見る

2018/6/29イベント

山鹿灯籠まつり「千人灯籠」今年はストーリー性重視

 8月に開催される山鹿灯籠まつりのスケジュールが発表され、今年はストーリー性を持たせたプログラムになるということです。
 「千人灯籠踊りを2部制から1部制に変更することで上がり灯籠までつなげる」(山鹿市商工観光課:渡邊義明課長)

 山鹿市の発表によりますと、2003年から観光客を入れ替え2部制で実施されていたハイライトの「千人灯籠踊り」を1部制に変更して踊りだけでなくまつり全体を楽しんでもらおうという狙いです。大宮神社の神事としての伝統を守り、1年に1回だけという特別な気持ちも含めプログラムを見直した結果、1部制に決めたということです。
 チケット収入は半分に減る見込みですが、8月15日の打上花火などのオープニングから千人灯籠踊り、上がり灯籠とストーリー性を持たせて満足度を高め、新たに無料の観覧席も設置するなどして多くの人に来てもらいたいとしています。

詳しく見る

2018/6/28イベント

全国こども陶芸展inかさま 入選150点決まる

 全国の小中学生が制作した独創的な陶芸作品を公募する「第18回全国こども陶芸展inかさま」(茨城新聞社、笠間市、同市教委主催)の審査会が27日、笠間市箱田の旧箱田小で行われ、入選作品150点が決まった。
 応募総数は学年別3部門合わせて1466点。各部門ごとに、文部科学大臣賞や県知事賞など13の特別賞と優秀賞、選奨を陶芸の専門家ら11人の審査員が選定した。各部門の文科大臣賞は、神栖市立息栖小3年の野口竜靖さん、沖縄県那覇市立泊小6年の井上凰さん、石岡市立八郷中2年の米川倖聖さんがそれぞれ受賞した。
 審査した県立笠間陶芸大学校の佐藤茂副校長は「ストーリー性のある作品や現代アートに近いものまで、豊かな表現と感性のある作品が多かった」と講評。入選と中学3年生の作品による展覧会は、7月27日から8月30日まで、同市笠間の県陶芸美術館で行われる。

詳しく見る

2018/6/28商品

リラックマのメイクブラシ「リラックマクマノフデ」日本一の筆の産地・熊野職人が制作

 人気キャラクター「リラックマ」をイメージした熊野化粧筆「リラックマクマノフデ(熊野筆)」が登場。2018年7月20日(金)よりそごう広島店、横浜店、あべのハルカス近鉄本店で開催されるイベント及びリラックマストアにて発売予定だ。
 熊野筆は、日本一の筆の産地である広島県熊野町で生まれたメイクブラシ。職人がひとつひとつ心を込めて作り上げた、そのクオリティの高さから女性から高い支持を集めている。そんな熊野筆から、「リラックマ」をイメージした3型の新モデルが登場する。
 [リラックマフェイス] フェイスブラシは、3色の原毛1本1本を職人が手仕事により、丁寧に整えリラックマの顔を毛先に描き出した。軸には桜の木を使用し、リラックマの線画とロゴを刻み込んでいる。毛先を切らずに揃える、伝統の製法を取り入れることで、肌あたりやわらかな極上の化粧筆が完成した。

詳しく見る

2018/6/26イベント

実力派窯元の器で美食も堪能できる 「有田・伊万里やきもの夏まつり」

京王プラザホテルから 日本のやきもの文化を世界に発信!
 西新宿の京王プラザホテルにて、今年で38回目を迎える恒例イベント「有田・伊万里やきもの夏まつり」がいよいよスタートする。期間は2018年7月1日(日)から8月1日(水)まで。
 今回は「古伊万里」と古伊万里の源流といわれる桃山陶器の至宝「古唐津」をテーマに加え、イベント名に「~古唐津から古伊万里、ARITAへ~」と冠し、その魅力を伝える展示販売がロビーを中心に館内随所で開催される(入場無料)。

詳しく見る

2018/6/26イベント

沖縄の美のルーツは琉球王国にあり!六本木のサントリー美術館で「琉球 美の宝庫」展

◆沖縄の美のルーツは琉球王国にあり!六本木のサントリー美術館で「琉球 美の宝庫」展

 沖縄の地で15世紀から400年以上にわたって栄えた琉球王国は、中国・日本からそれぞれに影響を受けて独特の文化が花開いた場所。その時代の鮮やかな染織、琉球絵画、漆器などの工芸品を集めた「琉球 美の宝庫」展が、六本木のサントリー美術館で開催される。時代を超えて受け継がれている琉球王国の輝きを、美しいコレクションで堪能してほしい。

詳しく見る

2018/6/26商品

津軽塗のチョコレートが話題に 県外からの注文多数 /青森

 青森の洋菓子店「Angelique(アンジェリック)」で提供するチョコレート菓子「津軽香々欧(つがるかかお)」がネット上で話題となっている。
 青森県内で3店舗を構え、焼き菓子やマカロンなどを提供する同店。「津軽香々欧」は、カカオバターを使ったクッキー生地の表面に津軽塗の模様をあしらったチョコレートで、同店で2008年に販売を始めた。
 話題となった発端は、東京在住の女性がツイッター上で「闇の魔術みたいに止まらないくらい綺麗だし美味い(原文ママ)」と発信したことから。5000以上のリツイートや9000以上の「いいね」が付き話題となっている。女性は「青森の親戚から送ってもらったことがきっかけで、お願いするようになった。大好きな商品なので話題になってうれしい」とコメントする。

詳しく見る

2018/6/25伝統

小松の歌舞伎文化、金沢和傘で発信 石川の伝統文化PRへ制作

 小松市に息づく歌舞伎文化を発信する「金沢和傘」が制作される。小松市高堂町の九谷焼作家北村隆さんが歌舞伎役者の隈取りをデザインし、金沢市千日町の「松田和傘店」の3代目松田重樹さんが仕上げる。24日には歌舞伎「勧進帳」に込められた「智仁勇」の言葉が傘に記された。8月ごろ小松市への寄贈を予定する松田さん、北村さんは「『小松和傘』として石川の伝統文化をPRする機会に活用してほしい」と話している。
 県の伝統的工芸品の一つである金沢和傘を手掛ける松田さんは、伝統工芸の九谷焼を鑑賞するのが好きで、歌舞伎などの伝統芸能にも興味があるため、小松市を頻繁に訪れている。

詳しく見る

2018/6/25ニュース

青花紙継承へ講座開催/滋賀

 友禅染の下絵描きに使われ、草津市の花・アオバナの色素を原料とする青花紙の技術継承へ、その歴史と価値を確認する講座が開かれました。
 この講座は、草津市の教育委員会が今年度初めて開催した「担い手セミナー」の一環で開かれたものです。

詳しく見る