伝統的工芸品を探す
TRADITIONAL CRAFTS

宮古上布Miyako Fine Ramie

今から400年前、琉球の貢物を載せた船が台風に遭い、沈没しそうになったところに、ちょうど乗り合わせていた宮古島の男が、勇敢に海に飛び込み、船の壊れた所を直して、乗組員全員の命を救いました。
琉球王がこの功績を称えてその男を問切坊主としたところ、その妻は喜び、心を込めて布を織り王に献上しました。これが宮古上布の始まりだと伝えられています。

Four hundred years ago, a boat carrying Okinawan tributes was caught in a typhoon. A man, who happened to be on board from Miyakojima called Sugamayonin Shin'ei, heroically dived into the sea when the boat was about to sink and repaired the damage thus saving the lives of all the crew. Recognizing his bravery, the King of Ryukyu made him a monk. In return, Shin'ei's wife was overjoyed and lovingly wove a piece of cloth to give to the King, and it was this cloth that is said to be the origin of Miyako Jofu.

It is a linen cloth but with its very fine threads and very precise ikat patterns, the finished cloth is so smooth that it looks as though it has been coated with wax. It has a wonderful cool, light texture and wears so well that it is said to last three generations.

  • 告示

    技術・技法


    次の技術又は技法により製織されたかすり織物とすること。

     
    (1)
    先染めの平織りとすること。

     
    (2)
    よこ糸の打ち込みには、「手投杼」を用いること。


    かすり糸の染色法は、「織締め」又は「手くくり」によること。この場合において、染料は、藍又はこれに類するものを原料とする植物性染料とすること。

    原材料

    使用する糸は、「手うみ」のちょ麻糸とすること。

  • 作業風景

    宮古上布は、手で績んだ糸を藍染めしてから織るという手順で作られます。作業は昔から分業で行なわれています。苧麻(ちょま)の栽培、苧績み(ブーンミ)、機締め、藍染め、織り、砧打ちなど、何人もの人の手をへて完成します。分業制には、それぞれが専門の技術をより深く追究でき、品質を高められるという利点があります。絣(かすり)模様が細かいので、一反の着尺を織り上げるのに3カ月はかかります。

    工程1: 苧麻から繊維をとる

    糸の原料は、イラクサ科の苧麻(ちょま、宮古の言葉ではブー)です。風に弱いので、家の裏庭などで栽培します。堆肥を用い、化学肥料は使いません。40日ほどたって150センチをこえたら、根元から刈り取ります。年に4、5回収獲できます。初夏に取れるものが最も品質がよく「ウリズンブー」と呼ばれています。刈り取ったら葉を落とし、茎の表皮をはぎ取ります。アワビの貝殻で繊維以外の部分をそぎ落とします。繊維は水洗いしてから陰干しして乾燥させます。

    工程2: 苧績み

    経糸(たていと)も緯糸(よこいと)も手で績みます。苧麻からとった繊維を爪で細かく裂きます。経糸は髪の毛くらいにごく細く裂きます。結ばないでより合わせてつなぎ、1本の糸にします。次に糸車でよりをかけます。経糸は2本をあわせて1本によります。緯糸は1本です。1反分の糸を一人で績むには3カ月以上かかります。

    工程3: 図案と絣締め

    方眼紙に十字絣で模様を描きます。糸の長さを一反分にそろえる整経を行なった後、絣締めのときに絣がずれないよう糊づけをします。乾いたら、白く残したい部分を木綿糸で括(くく)ります。絣が細かいので、締機を使って括ります。締められた糸はむしろ状になり、絣むしろと呼ばれます。むらなく染色できるように糊を落とします。

    工程4: 染色

    沖縄本島の伊豆味で栽培されている琉球藍を使います。ポリ容器に泥状の藍を入れ、苛性ソーダ、泡盛、黒糖を入れてかき混ぜます。1~2週間たつと発酵して花のような泡が出てきます。絣むしろと、絣の入らない無地の地糸を液につけます。取り出して空気に触れさせて染めていきます。1回染めたら糸をしぼって4、5時間天日に干します。十分濃い色になるまで、20回ほど繰り返します。

    工程5: 仮筬(かりおさ)通し

    染色を終えたら、絣を締めていた糸をとり、洗って乾燥させます。図案に合わせて仮筬に糸を1本ずつ通していきます。

    工程6: 製織

    仮筬を通した糸をきれいに巻き取ったら、綜絖(そうこう)に通してから筬に通して織り始めます。針で縦糸の絣のズレを直しながら、少しずつ織り進んでいきます。熟練した人でも一日20センチくらいです。

    工程7: 砧打ち(きぬたうち)

    織り上がった布は洗濯し陰干しします。両面をイモクズでんぷんで糊づけし、小さく折りたたみます。アカギの台の上に置き、イスノキで作った4キロもある木槌でたたきます。3時間ほど、まんべんなくたたき続けます。この作業によってなめらかで光沢のある布に仕上がります。

     

     

  • クローズアップ

    究極の手仕事が生むしなやかな夏の着物

    手で績んだ糸で織る濃紺の宮古上布は、日本四大上布のひとつとされ、夏の着物の最高級品として、また稀少品として、着物好きの人たちのあこがれになっている。30数年、織り続けてきた平良清子さんにお話をきいた。

     

    わずか1ミリの絣をあわせながら織る

    指をすべらせると、麻とは思えないなめらかさだった。濃紺の布にはしっとりと品のいいつやが出ている。手績みの細い糸を使い、仕上げに「砧打ち」をする宮古上布ならではの手触りである。品の良さの秘密は、細かな絣(かすり)模様にもあった。沖縄のほかの織物は線で柄を作ることが多いが、宮古上布は点描のような手法を使う。白い小さな十文字(十字絣)を無数に織り込んで、紺色の柄を浮き上がらせる。しかも総絣といって、花、亀甲、銭玉などの柄を布全体に繰り返し入れるのが特色だ。
    平良清子さんに織るところを見せてもらった。ふつうの機織りとはリズムがちがう。パッタンパッタンしばらく織ると、手をとめて布の上に身をかがめている。のぞきこむと、針で糸を1本1本すくって白い絣模様のズレを直しているのだった。
    藍で染めた糸には、わずか1ミリほどの白い部分がある。経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の白い部分を交差させると十文字ができる。この十文字で模様を描いていくわけだが、織っているとどうしてもズレが出るので、ときどき修正する。気の遠くなりそうな細かい作業である。

    上布を末永く残したいと話す平良清子さん

    女の子が生まれると喜ばれた

    普通の人は一日に数センチ、熟練した人でも20センチくらいしか進めない。一反織るのに3カ月かかる。糸は細く切れやすいので、針ですくうときはとくに注意が必要だ。
    「始めたころは目が疲れて、夜寝る前にポロポロ涙が出て止まらなかったですよ。」という平良さんは、20代後半のとき機織りを始めた。母親も染めと織りをやっていたし、近所の人もみんなやっていたから、自然な成り行きだったという。
    かつて宮古上布は、さとうきび、鰹節と並ぶ島の三大産業のひとつだった。織り手になる女の子が生まれると喜ばれ、手先の器用な子には、食事の支度も洗濯もさせないで織りに集中させた。女の子が二人か三人いれば赤瓦の立派な家が建ったという。現在は年間約30反の生産量なのに対し、昭和10年代の最盛期には年間1万5千反が生産されていた。平良さんが始めたのはそれより後の時代だが、織っている人はまだたくさんいた。

    乾くと切れやすいのでスポンジで湿らせながら

    一人で織る自信をくれたのは台風だった

    最初は、第一人者だった下地恵康さんの工房に通った。切れやすい糸の扱いに慣れるだけでも何年もかかる。当時の指導は厳しく、背中をたたかれながら覚えていった。三年たったころ、大きな台風が島を襲った。工房のトタン屋根は吹き飛ばされ、せっかく織り進んでいた反物が雨にぬれてしまった。仕方なく家に持って帰り、隣のおばさんや母親に手伝ってもらい、乾かして、巻き直して、また織った。
    「たいへんでしたけど、織り上がったときは自信を持ちました。自分でも何とかできるかなと。それからは家で織りました。これしか仕事がないからなのか、好きなのかわからないけど、機から離れたことは一度もありません。」
    その間に三人の男の子を育て上げた。母親が機織りをしていると、子供は不思議と非行に走らないという。

    苧麻から績んだ糸

    90歳になってもまだまだ現役

    宮古上布に使われる糸は、経験豊富なお年寄りが績んでいて、質がよいことで知られている。
    「いい糸を機に乗せて織り始めるときはうれしく感じます。きれいな模様ができると、ひと安心です。」
    逆にうまくいかないと、あれこれ後悔して夜も眠れない。
    「仕上げてホッとする気持ちは、やっている人にしかわからないと思いますよ。20年後?ここでは90になるオバアも織ってますからね。」と平良さんはほがらかに笑った。

    職人プロフィール

    平良清子 (たいらきよこ)

    1938年生まれ。染めと織りに取り組むとともに、宮古織物事業協同組合で後継者の育成に力を注いでいる。

    こぼれ話

    元気なお年よりが支える宮古上布

    宮古上布には細くて均質な糸が使われます。そんな上等の糸を績んでいるのは、80歳以上のおばあちゃんたちです。
    苧麻(ちょま、宮古の言葉ではブー)を栽培し、茎から繊維をとる作業を担当している友利千代さん(83)を訪ねました。家の裏庭が苧麻の畑になっています。肥料はヤギのふんの堆肥。化学肥料は使いません。堆肥作りのために3匹のヤギを飼っています。えさにする草は、農薬がかかっていない海沿いの野原まで刈りにいくそうです。
    友利さんはびっくりするほど元気で、力のいる仕事もみんな一人でやってしまいます。苧麻は背丈より高くなるころに刈り取り、アワビの貝殻で茎の皮をしごいて繊維をとります。乾燥させて、次の作業をする人に渡します。
    繊維から糸を績む人も、80代、90代のおばあちゃんばかりです。繊維を爪で細く裂いて、より合わせてつなぎ、1本の糸にします。
    機織りにも、速くきれいに織れる80代の名人たちがいます。上布にたずさわるお年よりは、病院にいくことが少なく、ボケることもないそうです。彼女たちが培ってきた技術を伝える後継者の育成が今、進められています。

    • 風に弱い苧麻は家の裏庭で大切に育てられる

     

概要

工芸品名 宮古上布
よみがな みやこじょうふ
工芸品の分類 織物
主な製品 着物地
主要製造地域 沖縄県/平良市、宮古郡下地町、上野村、城辺町他
指定年月日 昭和50年2月17日

連絡先

■産地組合

宮古織物事業協同組合
〒906-0201
沖縄県宮古島市上野野原1190-188
TEL:0980-74-7480
FAX:0980-74-7482

http://miyako-joufu.com/

■関連展示場・施設

特徴

麻織物ですが、糸は細く、絣模様は精緻で、織り上げた布はロウを引いたように滑らかです。通気性に富み、三代物と言われるほど丈夫で長持ちします。

Although Miyako Jofu is a fabric made of hemp, it has thin thread, refined pattern and smoothness as if they are waxed. It is superior in air permeability and also durable, famed to last for three generations.

作り方

苧麻(ちょま)という種類の麻をとり、表皮から繊維を取り出し、糸を紡(つむ)ぎ、糸車で撚(よ)りをかけます。図案を作成し絣締を行います。琉球藍で染め、2~3カ月かけて織り上げ、砧打ち(きぬたうち)し、艶出しをして仕上げます。

Miyako Jofu is made from a kind of hemp called ramie. Fibers are stripped from the plant and turned into threads. The threads are dyed by kasurijime (ikat dying) according to the design. Ryukyu indigo is used to dye Miyako Jofu. It takes 2 or 3 months for weaving to complete, then the fabric is beaten and finished.

産地からの声

着用後は軽く霧吹きし、陰干しをしてからたたんで下さい。