伝統工芸 青山スクエア

京くみひも

縄文時代の暮らしでは、撚(よ)りひもや簡単なくみひもが使われていました。
京くみひもの始まりは平安時代と伝えられています。鎌倉時代に入って武具に使うことが増え、実用的なくみひも作りの技術が発達しました。江戸時代には羽織紐が量産されるようになりました。

  • 告示

    技術・技法


    糸染めは、「無地染め」、「締切り染め」又は「ぼかし染め」によること。


    組みあげには、丸台、角台、高台、籠打台、綾竹台又は内記台を用いること。

     
    (1)
    高台又は綾竹台を用いる場合において、「打ち込み」には、「箆」を用いること。

     
    (2)
    高台を用いて組模様を組み出す場合には、「綾取り」によること。

     
    (3)
    籠打台を用いる場合において、使用する組糸は、「水張り」をしたより糸とすること。

    原材料

    使用する糸は、生糸、玉糸若しくはこれらと同等の材質を有する絹糸、綿糸又は金糸若しくは銀糸とすること。

  • 作業風景

    京くみひもは平安時代に始まると伝えられ、江戸時代には産地形成をしています。絹糸、金銀糸等を使用して江戸時代からの丸台、角台、高台、綾竹台、籠打台などの組台でひもを組み、京の文化に培われた優美な趣きのある製品を生産しています。美しく染め上げられた絹糸、その一筋一筋が交わり合い、紐独特の風合いと、味わいを醸しだします。古来より脈々と継承されてきた技法です。 その特徴は京の文化に培われた優美な趣のある作風に見られます。現在では社寺・服飾・帯締・鎧兜・刀の下緒などさまざまな箇所に使われ、用途に応じた組み方は3500種類にも及びます。
    ここでは京くみひもの工程の大きな流れをご紹介します。

    工程1: 糸割(いとわ)り

    糸割りは、必要となる絹糸を必要な分だけ仕訳ける作業です。糸を秤にかけ、作ろうとする紐の本数分を目方で分けていきます。ここで使用される糸は、生糸、玉糸、もしくはこれらと同等の材質を持つ絹糸、綿糸、金糸、銀糸とされています。

    工程2: 染色

    染色の工程では、作ろうとするくみひものデザインにそって、色見本に忠実にムラなく染め上げていきます。染料の調合を加減し、糸を浸す、この作業を繰り返しながら色の濃淡や深みを表現していきます。デザインによってはぼかしの表現も行います。これは熟練を要する緻密な作業なのでこの染色の部分は専門の染め屋に外注に出されます。

    工程3: 糸繰(いとく)り

    糸割り、染色したかせ糸を座繰(ざく)り、糸繰り機で小枠(こわく)に巻き取ります。

    工程4: 経尺(へいじゃく)

    経尺工程では糸繰りされた糸をさらに経尺枠に巻きとっていきます。経尺枠の外周は4尺(120.12cm)あり、帯〆一本にようする長さ8尺(240.24cm)の半分、枠を回しながら組み上げに必要な長さと本数を整えます。

    工程5: 撚(より)かけ

    経尺で糸の長さと重さを合わせた糸は、八丁撚糸機というよりかけ車を使ってよりをかけます。

    画像をクリックすると動画が再生されます

    工程6: 組みあげ

    各組台と製組機によって美しい組紐を組み上げていきます。組紐は、大きく分類すると、丸組紐、角組紐、平組紐の三種に分けられます。組台には、丸台、角台、綾竹台、高台の四種類が今日では一般的で、組台はそれぞれ特徴を持っているので、組紐の種類に応じて使い分けます。

    画像をクリックすると動画が再生されます

    工程7: 仕上げ

    組み上げられた紐は、両先の房付けにはじまる仕上げの工程におくられます。一本一本手作業で糸を解し(ほぐし)、房目をしっかりと糸で結び、房は蒸気で湯のしされ、整えられていきます。最後に、転がし台で組目を整え、美しい平組の帯〆が完成となります。

     

  • クローズアップ

    古都一千年の絵巻を組み上げる、京くみひも

    くみひもの歴史は縄文土器にそのルーツをたどることができるほど古い。京くみひもは平安時代に工芸品として人気を集め、貴族たちの生活を彩る装飾品として様々な用途に使われた。その後も武具の飾り、神仏具の紐などに活用され、明冶からは帯締めなどの和装小物として愛用されている。

     

    親子二代にわたり伝統を受け継ぐ職人魂

    大岡さんのお父さんは14歳の時から87歳で亡くなるまでくみひも一筋に歩んだくみひも職人。丸台、角台、高台、綾竹台と四つの組台を自在にあやつる名工だった。「私は小さい頃からおやじの仕事を手伝っていましたが、くみひも職人にだけはなりたくないと真剣に考えていました。」そんな大岡さんも26歳の時、ついにくみひもを生涯の仕事にしようと決心する。以来40数年間、自宅二階の工房にある父親の代から使用している高台を初めとして、四種の組台を駆使してくみひもの伝統を守り続けている。

    京の町屋の風情がただよう「くみひも大岡」さんの工房

    伝統を受け継ぎながら新しいデザインへの挑戦

    くみひもは、人間が二本の手で作り出すことのできた最初の手工芸品のひとつと言える。正倉院の宝物の中にも多くのくみひもが見られるが、紐を組む基本は昔と少しも変わっていない。高麗(こうらい)組、新羅(しらぎ)組、唐(から)組、奈良組の四つの基本パターンをアレンジし、各時代ごとに応用発展してきた。
    大岡さんが一番楽しいのが、一般的なくみひもの工程に入る前の「綾描き(あやがき)」という作業。つまり、どんなくみひもを作るかというプランニングとデザインのこと。糸の細さから染め色、模様、どの組み方にするかを決めるのが職人の腕のみせどころというわけだ。小さなノートに描かれた簡単なメモから艶やかな一本の紐が誕生してゆく。もちろん気に入った色や柄を決めるまでには入念な推敲がくりかえされる。取材した時にもプラチナの糸で銀閣寺を織り込んだ高価なくみひもが高台に掛けられていた。

    かせくり機で小枠(こわく)に糸を巻きとる作業

    しなやかに伸びて、じわっと縮むのがくみひもの真髄

    大岡さんが復元された亀甲貝の口模様という鎧(よろい)の胴紐を見せていただいた。400年前に加藤清正が徳川家康に献上した鎧に付いていた紐という重要文化財だ。本物は絹糸を草木染めして組み上げているため、時代とともに朽ちてぼろぼろになっていた。わずかに残った数センチの紐を参考にして大岡さんが復元したものだ。手に持つと重厚な組み目の感触が伝わって紐の端を持って立てるとピンと立つ。手首に巻きつけるとしなやかにカーブを描いて体に添ってくる。「本当に良いくみひもは50年使っても萎えません。伸びて縮む弾力性が手組みひもの真髄です。使えば使うほどぴったりと体になじんでくるんです。」紐のもつ魔力のようなものがじわっと手に伝わってくるような気がした。

    父から受けついだ高台に上がって作業する大岡さん(100年は経っているという)

    修学旅行生たちに人気の「一日くみひも体験コース」

    今までは社寺仏閣の見学ばかりだった京都での修学旅行だが、最近古都の伝統工芸を体験するコースが組み込まれ、学生たちに喜ばれている。工房を開放し伝統工芸士である大岡さんがじきじきに親切に指導してくれるので初めての人でも約2時間ほどで、立派なくみひもの帯締めが完成する。「せっかく自分で帯締めを作ったから、成人式は洋服にしようと思っていたけど、やっぱり着物を着たい。」と女学生が言ってくれた時はほんとうにうれしかったと優しい目をして大岡さんは語った。

    何本もの糸を巧みに操り、美しいくみひもが仕上がっていく

    職人プロフィール

    大岡信重 (おおおかのぶしげ)

    1937年生まれ。
    自宅二階の工房を解放し、観光客や修学旅行生に丁寧に指導してくれる。2時間ほどで帯締めが一本作れ、仕上げをして当日持ち帰れる
    問い合わせ先・くみひも大岡/075-462-8427

    「角台(かくだい)」でくみひもを組む大岡信重(おおおかのぶしげ)さん

    こぼれ話

    生涯、無名の一職人に徹する

    大岡さんが復元した「平成天皇即位の儀式用の紐」。三種の神器「鏡・勾玉・剣」を載せるクロスのふち飾りくみひもの使命は本来「結ぶ」ということです。主役となる何かを結ぶことによって、初めて脇役としての紐の使命を果たすことができます。工芸士による帯や着物は作者の名前が記名されていますが、帯締めや紐はどんなに真心こめて製作しても作者の名前を入れることはまずないと言えます。大岡さんは古いくみひもの復元を依頼された時、昔の職人の腕の確かさに驚嘆することがあると言います。近年では、平成天皇即位の時に、三種の神器を載せるクロスのふち飾りの紐の復元を依頼されて製作しました。「私も、生涯無名の一職人として、後世の人に恥じないように技術を出し尽くしていくつもりです。」と、職人魂は父親ゆずりのようです。

    工房では、87歳までくみひも一筋に生きた父、大岡周平(おおおかしゅうへい)氏の写真が見守っている

     

概要

工芸品名 京くみひも
よみがな きょうくみひも
工芸品の分類 その他繊維製品
主な製品 和装飾用、帯締め、羽織紐(ひも)、和洋服飾品
主要製造地域 京都市、宇治市
指定年月日 昭和51年12月15日

連絡先

■産地組合

京くみひも工業協同組合
〒602-8205
京都府京都市上京区新白水丸町462-4
TEL:075-441-6755
FAX:075-411-3778

特徴

くみひもは千年以上も前から利用されており、神社や寺、衣服、鎧兜、刀の下緒等あらゆるものに使われています。用途に応じた組み方があり、その数は3,500種類にも及んでいます。明治時代以後は和装小物の帯締めとして使われてきました。

作り方

京くみひもは、糸割り、糸合わせ、経尺等の準備工程、組工程、房付け、湯のし等の工程を経て仕上げられます。主要工程である組工程では、丸台、角台、高台、籠打台、綾竹台、内記台を用いて手作業によって組み上げられます。

totop