江戸硝子

江戸硝子は、明治初めに東京・品川の官営工場(品川硝子製造所)において導入された西洋式硝子製造技術により、東京を中心に産業として発展した工芸品であり、主に「宙吹き」「型吹き」「押し型」の3つの製法で作られています。

    概要

    工芸品名江戸硝子
    よみがなえどがらす
    工芸品の分類 その他の工芸品
    主な製品食器、酒器、花器、食卓用品、置物、日常生活用品
    主要製造地域江戸川区、墨田区、江東区、千葉県/八千代市、九十九里町
    指定年月日平成26年11月26日

    連絡先

    ■産地組合

    一般社団法人東部硝子工業会
    〒130-0026
    東京都墨田区両国4-36-6
    TEL:03-3631-4181
    FAX:03-3846-6535

    http://www.tobu-glass.or.jp/

    totop