2017/12/28(木)

福岡県八女市「日本一の大仏壇」~年末恒例すす払い

 女市本町の八女伝統工芸館で27日、年末恒例となっている「日本一の大型仏壇」のすす払いがあった。高さ6・5メートル、幅3・8メートル、奥行き2・5メートルの巨大仏壇にたまったちりやほこりを、職人たちが先端にダチョウの羽を取り付けた長さ6メートルの竹などで払い落としていった。
 仏壇は、国指定伝統的工芸品「八女福島仏壇」の産地をPRしようと、八女福島仏壇仏具協同組合が1991年度に製作。金箔(きんぱく)があしらわれるなど材料費だけで約3500万円をかけたという。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop