2018/3/1(木)

仏壇サイズの大津祭曳山 彦根・事業協組が試作品

 国指定の伝統工芸品「彦根仏壇」の事業者でつくる彦根仏壇事業協同組合が、四百年の歴史を持つ「大津祭」(国指定重要無形民俗文化財)の曳山のミニチュアを製作している。仏壇以外に事業を拡大する試みの一環。精巧な試作品には職人の卓越した手業が詰まっている。
 ミニチュアは、博物館やホール、公民館などでの展示用で、主に自治体などへの販売を想定。試作品では、大津祭の十三基の曳山のうち「源氏山」を四分の一サイズに再現した。高さ百四十五センチ、前後百三十二センチ、幅七十二センチで、仏壇とほぼ同じ大きさという。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop