伝統工芸 青山スクエア

2018/5/18(金)

越前和紙 売り込み好機 アイデア商品続々 県内企業

 今秋の福井国体・全国障害者スポーツ大会を契機に地元のアピールや販路の拡大につなげようと、県内の企業が新商品の開発を進めている。特産の越前和紙を使った製品もその一つ。福井の伝統や自然にユニークなアイデアを織り交ぜた商品が生まれている。
 山田兄弟製紙(越前市)は越前和紙で、福井県のシンボル的な存在である恐竜の模様の透かしを入れたメモブロック(メモの束)を作った。照明にかざすと、ティラノサウルスの模様が浮かび上がる。
 池ケ原湿原(勝山市)などで刈り取ったヨシを原料に配合しているのも特徴で、自然環境の保全を後押しする狙いがある。背丈の高いヨシを刈り取ると、周りの植物が太陽光を浴びて成長しやすくなるなど、植物の多様性につながる。
 山田晃裕社長は「さまざまな企業にノベルティーグッズ(広告や宣伝のために配る記念品)としての利用を提案し、全国からの来県者の手に渡ってほしい。湿原や環境を保全する活動の弾みにもなれば」と期待する。
 繊維などの商社アトラス(勝山市)は、越前和紙などの和紙で作った糸を用いた靴下を企画した。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop