2018/9/3(月)

大阪唐木指物 鶴町小5年生53人挑戦 伝統工芸授業/大阪

 大阪の伝統工芸「大阪唐木指物」を学ぶ出前授業が大阪市大正区鶴町2の市立鶴町小学校(263人)であった。5年生53人が木製のフォトフレームを作った。
 出前授業は「日本教育公務員弘済会大阪支部」が主催する「大阪の伝統工芸品製作」。三木一弘校長が「日ごろ目にする機会がない大阪の素晴らしい工芸を知り、時代や生活の変化を考えるきっかけに」と、総合学習に取り入れた。
 大阪唐木指物協同組合の出口史郎理事長ら3人が指導した。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop