2019/5/31(金)

伝統の技ずらり ふるさと伝統工芸品展が群馬県庁で開幕

県ふるさと伝統工芸品展が30日、県庁県民ホールで始まり、染織品や木工品、竹細工など県指定の伝統工芸品33品目が展示販売されている=写真。3日まで。

木の皮を編む「利根沼田樹皮工芸」、安中市の粘土を使う「自性寺焼」など8種の工芸品制作を実演。アクセサリー作りなどを体験できるブースもある。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop