• Home
  • 伝統工芸ニュース
  • 3コースで魅力発信 – 茶せん製作地訪問・茶道体験・酒造で利き酒/生駒商議所が着地型観光商品
2019/6/6(木)

3コースで魅力発信 – 茶せん製作地訪問・茶道体験・酒造で利き酒/生駒商議所が着地型観光商品

生駒商工会議所は、生駒市の特産品の里などを訪ねる着地型観光商品「歴史豊かな山麓のまちいこま学舎―茶筅発祥の地をめぐる」を開発した。伝統工芸品の茶せんの製作地を訪れたり、茶道体験、市内3酒造での利き酒などを盛り込んだ3コースを設定。同市の観光を再検討しながら地域の魅力を県内外に発信し、地元の活性化につなげる取り組みとして期待が持たれている。

同会議所観光サービス部会が平成29、30年度に協議を重ねてきた着地型観光事業の集大成となる企画。コースは、茶筅発祥の地めぐり▽往馬大社と酒造めぐり▽宝山寺と酒造めぐり―の三つ。「茶筅発祥の地めぐりコース」では、県伝統工芸士の影林玄中斉さんによる茶杓づくり体験や、茶道体験などがある。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop