• Home
  • 伝統工芸ニュース
  • 京王プラザホテル 第39回 有田・伊万里やきもの夏まつり ~ 伝統の古伊万里と現代有田の調和~
2019/6/14(金)

京王プラザホテル 第39回 有田・伊万里やきもの夏まつり ~ 伝統の古伊万里と現代有田の調和~

京王プラザホテル(東京:西新宿)は、7月1日(月)から8月5日(月)までホテルロビー等において『第39回 有田・伊万里やきもの夏まつり~伝統の古伊万里と現代有田の調和~』を開催いたします。

江戸時代に華開きヨーロッパの王侯貴族を魅了した艶やかさを持つ古伊万里、そして400年の歴史を経て現在も進化を続けている現代有田作品、それぞれの魅力を一堂に展示販売、入場無料でお楽しみいただきます。
食空間プロデューサーの丸山洋子さんらよるテーブルコーディネートも展示販売に華を添え、暮らしのなかでのやきものの楽しみ方をご提案するほか、7月25日(木)には、日本陶磁史を専門とする学習院大学教授の荒川正明氏とともに、館内に飾られた古伊万里作品を巡り、それぞれのうつわについての解説を聴いたあと、荒川氏とともに特別ディナーを楽しめるイベントも開催いたします。

有田焼のイベントは今年で39回目を迎え、暮らしに彩りを求められるお客様層から長年にわたりご支持をいただいています。京王プラザホテルにご宿泊のお客様の外国人比率は約75%に上り、日本を代表する伝統工芸である有田焼のうつわを実際に手に取り触れていただくことで、お土産にご購入いただく方も多くいらっしゃいます。

古伊万里(17~19世紀)は、日本橋の古美術商「前坂晴天堂」が出品、現代有田作品は佐賀県有田町と伊万里市から新たな挑戦をし続ける実力派窯元8社が集結し、会期中は窯元のスタッフが毎日交代で接客し制作工程などをご説明いたします。また館内レストラン7店舗では、出展窯元のうつわを使用した特別メニューもご提供いたします。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop