2019/8/8(木)

暑い夏を粋に過ごす日本の文化を発信する「納涼〜日本人の知恵と美意識」展

2019年8月8日(木)から9月25日(水)まで、京王プラザホテルにて「納涼〜日本人の知恵と美意識」展が開催される。暑い夏を優雅かつ粋に過ごすための日本人の知恵や工夫、感性を紹介する入場無料イベント。浴衣/団扇/風鈴/手ぬぐい/金魚/江戸切子などの日本の夏の風物詩が、テーマごとに分けて展示される。
本展の構成では「夏の装い」「涼風の趣」「流水の美」「涼を呼ぶ食卓」といったテーマが用意された。「夏の装い」では、藍一色による染で無形文化財に指定されている「長板中形」の浴衣を展示し、通年で展開している浴衣の着用体験サービスについてもあらためて案内。「涼風の趣」では、1590年創業の「伊場仙」による花鳥風月や浮世絵が描かれた団扇/扇子、伊万里鍋島焼の伝統を受け継ぐ畑萬陶苑の風鈴を紹介する。
「流水の美」では、江藤雄造氏による金魚の遊泳をモチーフとした漆アート「JAPAN 金魚遊泳」や、1872年創業の梨園染 戸田屋商店が美しく古典紋様などを染め上げた手ぬぐいを展示。「涼を呼ぶ食卓」では、繊細なカットで生み出される伝統工芸品の江戸切子が紹介される。そのほか、水墨画や浮世絵、ボタニカルアートの絵画展示も用意。目に涼しげな色づかいで夏の象徴が描かれた作品から“涼”を感じ取ることができる。
■期間:
2019年8月8日(木)~9月25日(水)■開催場所:
京王プラザホテル 3Fアートロビーほか
東京都新宿区西新宿2-2-1

■問い合わせ先:
京王プラザホテル
tel. 03-5322-8061(ロビーギャラリー直通)
url. http://www.keioplaza.co.jp/

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop