2019/9/3(火)

第3回「三井ゴールデン匠賞」9月1日~応募受付開始

三井グループ24社で構成する「三井広報委員会」は、第3回「三井ゴールデン匠賞」の応募受付を、9月1日より開始いたします。本賞は、日本の伝統工芸の持続・発展に貢献する業界関係者・団体を表彰するものです。賞の開催にあたり、日本の伝統工芸の有識者と文化や業種を異にする世界で活躍する多様な方々からの共感・協力をいただいております。

伝統工芸界には、後継者不足など課題があるなか、日本の伝統を継承しながら未来につながるものづくりに真摯に取り組み、さらに発展させている伝統工芸の担い手がいらっしゃいます。本賞は、こうした取り組みの担い手に称賛が集まる機会を作り、日本の伝統を次世代につなぐ取り組みを応援しています。このため本賞は、伝統工芸品の職人はもとより、器具・素材の開発や、経営・流通に関わる方など、伝統工芸界を支える幅広い個人や団体を応募対象としています。

2020年に向けて日本文化への関心が世界的にさらに高まるなか、第3回三井ゴールデン匠賞におきましても、伝統工芸の素晴らしさを広く伝える機会の創出に寄与して参ります。

【 第3回三井ゴールデン匠賞 概要 】
■目的:
日本の伝統を継承しながら未来につながるものづくりに真摯に取り組み、さらに発展させている伝統工芸の担い手に、注目と称賛が集まる機会を作りたいという思いから、「三井ゴールデン匠賞」を創設しました。

■主催:
三井広報委員会

■後援:
経済産業省、一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会

■賞の種類/賞金:
・三井ゴールデン匠賞:各50万円
・グランプリ:50万円(三井ゴールデン匠賞と合わせて計100万円)
・モストポピュラー賞:20万円(三井ゴールデン匠賞と合わせて計70万円)

■応募期間:
2019年9月1日(日)~11月20日(水)
※他薦は10月21日(月)必着

■受賞者発表:
2020年2月13日(木)

■贈賞式、グランプリ・モストポピュラー賞発表:
2020年3月23日(月)

■審査基準:
「技術・技能」、「持続性」、「貢献度」から、未来につながる取り組みを評価します。「貢献度」が最も重視されます。

元の記事を読む *外部サイトへリンクいたします。
totop