三線

Okinawa

三線は、沖縄県那覇市等において生産されている楽器です。琉球王国時代に中国よりその原型が持ち込まれ、宮廷楽器として発展。その後庶民へも広く普及していき、現在は世界遺産に登録された組踊や琉球歌劇、民謡、ポップスなど様々な音楽シーンにおいて欠かせない楽器となっています。

Feature

三線は棹、胴、糸巻きから成り立ち、棹の形状によって型がきまり、代表的な7つの型は、それを生み出した琉球王国時代の名工の名前が付けられています。
三線作りには繊細な職人技が求められ、原木選びから数十年かけて仕上げることも珍しくありません。

How to make

三線には7つの型があり、型に応じて各部位の寸法が異なります。棹の型を決め、材を裁断しヤスリがけを行い、棹の形が出来たら漆を塗り棹が完成します。胴は木枠に蛇皮を釘で固定して形成、皮を胴の表裏の2回に分けて張り作業を行います。棹、胴が完成したら、棹に糸巻きを取り付け、胴に差し込む「部当て」という作業は三線の音色に大きく影響するため丁寧に調整します。歌口・胴巻き・糸掛け・絃をつけ、駒を立てて完成です。

totop