2019年度 全国伝統的工芸品公募展

若手奨励賞賞

作品名:生平手織 名古屋帯

近江上布/滋賀県

作者名山口礼子

  • このページのQRコード

    生平手織 名古屋帯

講評

生平に変化をもたせた、よく考えられた構図の作品だとして評価され、選定された

プロフィール

1974年滋賀県生まれ
2015年近江上布後継者育成事業の1期生として研修を始める
2017年近江上布伝統産業会館から認定を受けて生産を始める
2018年平成30年度全国伝統的工芸品公募展入選)

http://asamama.com/

受賞者コメント

この度は受賞を賜りましてありがとうございます。
素朴な生平に世界が広がる少しの変化を持たせたいと思いながら織りました。
近江上布の後継者として思い描いているアイデアを1つずつ実現できるよう日々技術の向上に努めていきたいと思います。

作品

totop