伝統工芸 青山スクエア

七尾仏壇

石川県

古文書等には、蒔絵道具や金粉、切金道具、金銀箔等仏壇作りに関係のある言葉が、書かれていました。
また、七尾の町には塗師(ぬし)町という町名が江戸時代からあり、大勢の塗師がいたと思われます。
これらのことから七尾仏壇は、17世紀半ば頃から生産されていたと考えることができます。現在まで残っている仏壇の中で最も古いものは江戸時代中期のものです。

  • 告示

    技術・技法


    「木地」の構造は、「ほぞ組み」による組立式であること。


    「木地」の鏡板は、二重とし、台は、引き壇縁を備えたものとすること。


    中立造りは、「桝組み」によること。


    塗装は、精製漆の手塗りとすること。


    蒔絵及び金箔押しをすること。

    原材料


    木地は、ヒバ、ヒノキ、マツ、イチョウ、タブ又はこれらと同等の材質を有する用材とすること。


    金具は、銅若しくは銅合金又はこれらと同等の材質を有する金属製とすること。


    漆は、天然漆とすること。

  • 作業風景

    七尾で仏壇が作られるようになったのには二つの背景があるといわれています。
    第一は能登地方の信仰心の厚い宗教事情です。この地方には日蓮宗の寺院・妙成寺(みょうじょうじ)や曹洞宗の大本山・総持寺(そうじじ)、羽咋の永光寺(ようこうじ)といった由緒ある寺院が多くあります。また、蓮如上人の北陸布教によって大衆の支持を得た浄土真宗が、能登地方にも大いに広まったという経緯も仏壇の普及の背景と考えられます。
    第二は能登地方が古くから祭りの盛んな土地柄であったことです。祭りには神輿が欠かせません。神輿には漆塗りや彫り、金具といった技法が必要とされ、もともとこの地方に古くからこれらの職人がいたことを示し、その職人が仏壇製造に関わったことが七尾仏壇の基礎になったと伝えられています。現在でも仏壇を作る職人は神輿などの製造にも従事していることが多いようです。
    七尾仏壇では“五職”、つまり五つの職人によって一つの仏壇が作られています。五人の職人とは、彫り、木地、蒔絵、金具、塗り・箔・組立を表します。仏壇制作の基本的な流れは、仏壇の外側を作る“木地”、仏壇の内側である須彌壇(しゅみだん)・柱・組物・屋根などを作る“中立造り(なかだちづくり)”、仏壇の各部に取り付ける彫刻を作る“彫り”、加飾金具や戸の蝶番などを作る“金具造り”が同時に進められ、それらの各部品に漆の“塗り”や“箔押し”、“蒔絵”をほどこして、最後に“組立”を行います。全体の仕上がりを考え、各部分の職人に指示を出すのは“組立”の仕事で、全体のプロデューサー的な役割といえます。
    それでは主な工程について見てみましょう。

    工程1: 木彫り

    紅松、イチョウ、タブ、紫檀、黒檀などを使用して木彫り職人が作ります。材料を充分に乾燥させ、用途に応じて節、ひび割れ、ねじれ、反りなどに注意しながら素材を選別します。木取りした材料に、図柄を下描きして、ノミとげんのうで彫っていきます。

    工程2: 木地

    主に仏壇の外側になる部分を作る工程です。能登アテ、能登ヒバ、イチョウなどの厳選された木材を使用します。これも、十分に乾燥した材料を用いて、節、ひび割れ、ねじれ、反りに注意しながら、柱類、板物、障子、壇縁、天井といった各部材を製作します。

    工程3: 蒔絵

    蒔絵は漆塗りをした扉などの部分に漆によって絵を書き、金粉を蒔く加飾工程です。絢爛豪華な高級蒔絵仕上げを行います。

    工程4: 金具

    唐草模様を中心とした伝統的手打技法による彫金具です。前戸、障子、台輪、柱などに打つ蝶番及び加飾金具を作ります。真ちゅう板を寸法に応じて切断し、型取りをして、タガネを使い分けながら模様を彫ります。

    工程5: 金箔貼り

    主に仏壇の内側の板類、中立、彫刻などに金箔を押す工程です。日本全国の99%の生産を誇る良質の金沢金箔を使用しています。

    工程6: 組立

    中立各部、胴組みなどの工程による組立作業。金具を取り付け、組立てを終えた仏檀を点検し、ゴミ、ホコリ、手垢などを拭き取り完成となります。

     

  • クローズアップ

    荘厳重厚、能登の総合芸術、七尾仏壇

    石川県能登半島の東岸。七尾湾を望む七尾市で仏壇製造が行われ始めたのは17世紀後半といわれている。仏壇の製造には漆塗、金具、木彫など多くの種類の伝統工芸技術が必要である。

     

    “五職”で作る総合芸術

    「仏壇は彫り、木地、蒔絵、金具、塗り・箔・組立の五職、5人の作家で一つの物を作り上げる。言ってみれば“総合芸術”。」と語るのは塗り・箔・組立の職人で伝統工芸士、高沢秀晃さん。五つの職業の中でも、組立工程も担当する高沢さんはいわば“総合プロデューサー”だ。それぞれの職人の腕をよく知って仕事を発注する。高沢さんは高沢仏壇店の経営者でもある。店内にはたくさんのきらびやかな仏壇が並んでいて、荘厳な雰囲気が醸し出されている。「お仏壇はその家の核になるところに置く物だし、何代にもわたって手を合わせてもらうもの。そういうものを作ることに誇りを感じます。」この仕事を30年間続けてきた3代目のお仏壇職人、高沢さんの仕事への情熱だ。

    絢爛豪華が七尾仏壇の特徴

    七尾仏壇の大きさは仏間の広さから

    全国から観光で近くを訪れた人が七尾仏壇を知って買い求めてくれるという。「七尾仏壇の特徴は、出須弥壇(でしゅみだん)など技術的に細かいところはいろいろあるけれど、全体が大きいというのも特徴的。」高さ2メートル幅1.4メートルを超えるものもある。その理由は「このあたりは仏間が広かったから。八畳間に置くとするとこれぐらいのものが必要になってきます。」見上げるような大きさの重厚なお仏壇を前にすると、まさに手を合わせたい気分になる。

    扉に描かれた美しい蒔絵

    お仏壇の各部分の意味を読みとると興味がわいてくる

    「お仏壇は何も知らずに見てるとただ金ぴかなだけでしょ。でも、それぞれの部分で一つひとつちゃんと意味がある。そもそもどうしてこんなにきらきらしているのかというと・・・。」とお経(仏説阿弥陀経)を取り出して読み聞かせてくれる。「このお経の中に仏様の世界を描いた部分が出てくる。七宝や美しい池、そういうものが書かれていてお仏壇はその世界を表現している。」つまりこのきらびやかさは、仏様のおられる世界をそのまま民衆の家庭に再現しようとしたためなのだ。「また、須弥山(しゅみせん)という山を超えたところに仏様の世界があるとされていて、お仏壇の宮殿(くうでん)の下の部分がその須弥山を表しています。他にも、障子戸(しょうじど)に彫られている図柄は十六羅漢や二十四孝(にじゅうしこう)の一場面。二十四孝とは中国の二十四の孝行者の話を表現したもので、たとえば“寒中筍掘り”は病気がちの母親が筍を食べたいといったので、まだ寒い時期に筍を掘るという話。こういうことが読みとれるようになるとお仏壇が面白くなってくる。」
    5つの伝統工芸技術の集大成としての総合性にあわせて、さらに仏教の広く深い物語性までお仏壇には集約されている。

    金具は金具職人の手で

    奥深い世界の扉

    お仏壇全体を考えたときには、扉の蒔絵や障子戸の彫り物などの図柄の配置にも気を配らなければならないという。「獅子を彫るにも人(の彫り物)よりも上の方にあるとおかしい。でも鳥は空を飛ぶから上にあってもいい。例えばここに動物を彫ればその下には山水、上には天女がいいといったことまで組立ての職人が考えなければなりません。」このあたりもまさにプロデューサーの腕の見せ所だ。
    お仏壇の組立職人、高沢さんの仕事は、例えてみれば映画監督のようなものかもしれない。映像、音声という技術的なものはもちろんストーリーも任されている。
    それにしても、日本人ならばだれもが手を合わせたことがある身近なお仏壇に、これほどまで奥の深い世界が広がっていようとは想像すらできなかった。
    「そもそもお仏壇は仏様をまつるおめでたいもの。核家族などで“うちはまだ人が死んでいないからいらない”というのは本当は違います。」お仏壇というものが育まれてきた文化の一端を、高沢さんのお話からうかがうことができた。
    ぜひ一度、家のお仏壇をよく観察してみることをおすすめしたい。きっと、お仏壇に手を合わせることがあなたの心の支えになることだろう。

    障子戸の彫り物を彫る職人の前にはノミがずらりとならぶ

    職人プロフィール

    高沢秀晃 (たかさわひであき)

    「お仏壇の一つひとつの意味がわかると面白くなる」と高沢さん

    25歳から30年間、七尾仏壇の塗り・箔・組立を行う。伝統工芸士。

    こぼれ話

    総合芸術を支える職人の道具

    一口にお仏壇を作るといっても、さまざまな伝統工芸技術が必要。七尾では五職(五つの職、五人の職人)といわれます。
    そのうちの木彫りの職人が米村正勝さん。お仏壇の障子戸などにはめ込まれる彫り物を作っています。仕事に必要な多くのノミが作業台に整然とならべられている様子は圧巻。「今やっているお仏壇のような小さな彫り物に使うノミだけで70本ぐらい。他にもお寺などの大きな仕事だと、別のノミがいる。これだけあると、とにかく手入れがたいへん。とくに梅雨時は油断すると錆びてしまうから気をつけています。」
    道具の管理がきちんとできて一人前の職人、とはよく言われること。仕上がった品だけを見ていてはなかなかわかりませんが、目の前に並んだノミを見て、その意味が実感できました。使い込まれた道具だけが持つ艶が美しい

    • 整然と並べられたノミを持ちかえて使う米村さん

     

     

概要

工芸品名 七尾仏壇
よみがな ななおぶつだん
工芸品の分類 仏壇・仏具
主な製品 仏壇、みこし、宗教用具
主要製造地域 七尾市、鹿児郡中能登町
指定年月日 昭和53年7月22日

連絡先

■産地組合

七尾仏壇協同組合
〒926-8642
石川県七尾市三島町70-1
七尾商工会議所内
TEL:0767-54-8888
FAX:0767-54-8811

http://www.nanao-cci.or.jp/butsudan/

特徴

七尾仏壇は、長い歴史をもつ七尾の文化を表している芸術品です。現代では数少ない完全な職人による温かみのある手作り仏壇で、堅牢で荘厳華麗な作りです。

作り方

材料には、狂いが少なく長持ちする能登アテ、能登ヒバの木が使われます。製品は状態の悪い道での運搬に耐えられるように、堅牢に仕上げてあります。本体はすべてほぞ組で、塗り加工は「錆(さび)仕立」で上質な漆を使用し、金具はすべて手打ちで仕上げてあります。

totop