• Home
  • 伝統的工芸品を探す

伝統的工芸品を探す

TRADITIONAL CRAFTS

東京都

江戸木版画

Edo Mokuhanga

その他の工芸品

江戸木版画は、墨一色の版画の上に色を筆で彩色していくようになり、これらは丹絵、紅絵、漆絵として進歩してきましたが、色を板木で摺る工夫がなされ、二、三色の色摺版画(紅摺絵)ができました。さらに、明和2年(1765 年)には、金や銀まで摺り込み、中間色も木版で刷り上げることができるようになり、多色摺りのスタイルが確立されました。

Edo Mokuhanga are woodblock prints that began with a black print that was then colored with a brush.

秋田県

川連漆器

Kawatsura Lacquer Ware

漆器

鎌倉時代にこの地方を支配していた領主の弟が、地元の山から切り出されたブナの木や漆を利用して、武具に漆を塗ることを内職として家臣に命じたのが始まりとされています。

The beginnings of this craft go back to the Kamakura period (1185-1333), when the younger brother of the lord of the fief who ruled this area, ordered the retainers to take up lacquering pieces of armor and weaponry as a job, using locally tapped lacquer and Japanese beech cut from the mountains in the area. The making of bowls began in earnest in the middle of the Edo period (1600-1868) and by the end of the period work was concentrated on the three districts of Kawatsura in what is now Inakawa-cho, Odate and Minashi and the making of everyday pieces of household goods flourished in what had become a production center.

沖縄県

八重山上布

Yaeyama Ramie

織物

17世紀初めに現在の鹿児島県西部にあたる薩摩に琉球が侵攻され、課せられるようになった人頭税のために織ることを強制されたことが、八重山上布の技術の向上につながりました。

Satsuma was one of the old provinces occupying what is now the western part of Kagoshima Prefecture at the southern end of Kyushu. Forces from Satsuma invaded Ryukyu in 1609 and the compulsory weaving of Yaeyama Jofu to pay a poll tax that was levied, in turn led to an improvement of techniques.

東京都

江戸指物

Edo Joinery

木工品・竹工品

江戸時代、徳川幕府は多くの職人を全国から呼び寄せて、神田・日本橋周辺に、大工町、鍛冶町、紺屋町などの職人町をつくり手工業を発達させました。

Many skilled individuals were encouraged to live and work in Edo (Tokyo) by the Shogunate right from the outset of the Edo period (1600-1868), and craft industries developed as a result of the formation of enclaves within the districts of Kanda and Nihonbashi for such specialists as carpenters, smiths, and dyers.

沖縄県

首里織

Shuri Fabrics

織物

14~15世紀の琉球王国は、東南アジアや中国と盛んに交易を行い、その交流により織の技術を学びました。その後幾百年の年月を積み重ね、沖縄の気候風土に育まれた、様々な個性を持つ琉球織物が生み出されました。

Trade flourished between the kingdom of Ryukyu and China and South East Asia during the 14th and 15th centuries and weaving techniques were learned through these exchanges. Nurtured by the Okinawan climate and developed over the centuries, a number of textiles, each with their own characteristic traits, came into being. One of these was a cloth produced in Shuri.

福島県

大堀相馬焼

Obori Soma Ware

陶磁器

大堀相馬焼は江戸時代初期(1690年)に作り始められたと言われています。当時その地方を治めていた相馬藩が、焼き物作りを保護、育成したため、江戸時代末期には100余りの窯元が並ぶ、東北地方で一番大きな産地になりました。

Indications are that the origins of Obori Soma Yaki go back to toward the end of the 17th century.

京都府

京小紋

Kyoto Fine-Pattern Dyeing

染色品

京小紋の始まりは、基本となる型紙が作られた1200年前に遡ります。室町時代に起きた応仁の乱の後、様々な絹織物が生産されると辻ヶ花染や茶屋染が発達し、京都の堀川を中心として染色の職人町が出来ました。

Kyo Komon dates back more than 1,200 years, when the all-essential stencil papers were first made.

鹿児島県

薩摩焼

Satsuma Ware

陶磁器

薩摩焼は、文禄・慶長の役の頃、当時の藩主島津氏が朝鮮から連れ帰った李朝の陶工たちによってはじめられました。

The origins of Satsuma Yaki date back to the 16th century. The local feudal lord, Shimazu, returned from the Korean peninsular with some potters who helped to get things started.

岩手県

岩谷堂簞笥

Iwayado Chests

木工品・竹工品

岩谷堂簞笥の始まりは18世紀末に遡ります。当時の岩谷堂城主が家臣に車付箪笥や長持等の木工家具の商品化を研究させたのが始まりとされています。

The origins of Iwayado Tansu date back to the end of the 18th century, when the custodian of Iwayado castle had his retainers look into the commercial possibilities of such pieces of wooden furniture as chests with lids and others riding on palettes fitted with wheels.

愛知県

尾張仏具

仏壇・仏具

尾張仏具は、江戸時代初期頃から愛知県名古屋市を中心に生産されている工芸品。 尾張近郊で採れる良質な木材を資源に、江戸後期、下級武士の内職として発展しました。木製漆塗製品が中心で、多様な工程と、色鮮やかな仕上がりが特徴です。

愛媛県

大洲和紙

Ozu Paper

和紙

伊予の紙は平安時代に書かれた「延喜式(えんぎしき)」に出てきます。史実では、江戸時代中期に僧が大洲藩の紙漉(す)きの師として、技術を指導したところから藩内産業として紙作りが栄えたとあります。

While mention is made of an Iyo paper in the Engishiki, an official document on court protocol written in the Heian period (794-1185), hard facts about Ozu Washi do not exist until the 18th century. The monk, Zennoshin was responsible for teaching people how to make paper, when he came to one of the villages of the Ozu clan, and what developed into a craft industry flourished under the protection and patronage of the clan.

沖縄県

久米島紬

Kumejima Pongee

織物

14世紀頃、南方貿易によりインドをルーツとする製織法が伝えられました。

Originating in India, this method of weaving was introduced into Japan around the 14th century along eastern trade routes.